激震(読み)げきしん

精選版 日本国語大辞典「激震」の解説

げき‐しん【激震】

〘名〙 はげしい地震。地の強さを体感で表わした段階の一つとしては最も激しい地震で、家屋の倒壊三〇パーセント以上、山くずれ、地割れ、断層などを生ずる程度のものをいい、気象庁の旧震度階では震度七に当たる。
※帝都復興に関する詔書‐大正一二年(1923)九月一二日「九月一日の激震は、事咄嗟(とっさ)に起り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「激震」の解説

げき‐しん【激震/劇震】

地震の強さの旧階級。木造家屋の30パーセント以上が倒壊し、山崩れ・地割れ・断層が生じる、最も激しいものとされ、震度7にあたった。→震度
(比喩的に)衝撃。「政界に―が走る」
[類語]地震地動ちどう余震揺り返し無感地震有感地震大地震だいじしん大地震おおじしん大震震災震央震源震源地震度微震軽震弱震中震強震烈震

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android