コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

激震/劇震 ゲキシン

デジタル大辞泉の解説

げき‐しん【激震/劇震】

地震の強さの旧階級。木造家屋の30パーセント以上が倒壊し、山崩れ・地割れ・断層が生じる、最も激しいものとされ、震度7にあたった。→震度
(比喩的に)衝撃。「政界に―が走る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げきしん【激震】

従来、震度 7 にあたるとされた地震。 → 震度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

激震/劇震の関連キーワードスーパーロボット大戦COMPACT2阪神・淡路大震災リクルート事件ベリコタルノボ兵庫県淡路市安政江戸地震カンギレム津名〈町〉一宮〈町〉十勝沖地震中部地方三河地震計測震度山崩れ震度階

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android