コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烈震 レッシン

デジタル大辞泉の解説

れっ‐しん【烈震】

地震の強さの旧階級。家屋の倒壊が30パーセント以下で、山崩れ・がけ崩れが起こり、地割れを生じるものとされ、震度6にあたった。→震度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れっしん【烈震】

従来、震度 6 にあたるとされた地震。 → 震度

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

烈震の関連キーワード北但(ほくたん)大震災宝永地震関谷清景震度階

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android