コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒツ

デジタル大辞泉の解説

ひつ【×弼】

律令制で、弾正台(だんじょうだい)次官(すけ)。大・少各1名。
奈良時代、紫微中台(しびちゅうだい)の次官。

ひつ【弼】[漢字項目]

[音]ヒツ(漢) [訓]すけ
付き添って助け正す。補佐する人。「匡弼(きょうひつ)輔弼良弼
[名のり]すけ・たかし・たすく・ただし・たね・のり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつ【弼】

律令制で、弾正台の次官。はじめ一名であったが、のちに大弼・少弼の二名になった。
奈良時代、紫微中台の次官。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弼の関連キーワード前門に虎を拒ぎ後門に狼を進む前門の虎後門の狼中村宗哲(1世)県犬養石次六角氏式目上杉氏定上杉綱憲篠崎小竹天田菁莪高階資泰内藤正興池田政恭大草振鷺雲山宗峨六角義賢徳力竜澗円鑑国師松永権平鎌田酔石寺内良弼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弼の関連情報