コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当薬 トウヤク

デジタル大辞泉の解説

とう‐やく〔タウ‐〕【当薬】

センブリの全草を乾燥したもの。民間で苦味健胃薬として用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

とうやく【当薬】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。リンドウ科センブリを乾燥させたもの。一般に「センブリ」ともよばれる。千度振り出してもまだ苦いというのが名の由来。健胃作用があり、単独で腹痛、食欲不振、消化不良などに用いる。またエキスは発毛促進作用をもつとされ、育毛剤に使用される。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうやく【当薬】

センブリの全草を乾燥させた生薬。 → 千振

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当薬
とうやく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の当薬の言及

【センブリ(千振)】より

…北海道南部から南は屋久島まで広く分布し,さらに朝鮮半島から中国にもある。全草を日本で民間薬とし,当薬(とうやく)という。湯の中で1000回振り出してもまだ苦いのでセンブリ(千振)の和名がある。…

※「当薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

当薬の関連情報