コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬遠 ケイエン

3件 の用語解説(敬遠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐えん〔‐ヱン〕【敬遠】

[名](スル)
表面では敬う態度で、実際にはかかわりを持たないようにすること。「口うるさいので周囲から敬遠される」
かかわりを持つことを嫌ってその物事を避けること。「めんどうな仕事を敬遠する」
野球で、投手が打者との勝負を避け、故意に四球を与えること。「強打者を敬遠する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

敬遠

強打者との対決を避ける、あるいは満塁の方が守りやすいと判断した際にとられる作戦で、捕手を立たせて故意に四球を与えること。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいえん【敬遠】

( 名 ) スル
うわべは敬いながら、実際は嫌がって近寄らないこと。 「上司だからといって小言ばかりだと-される」 → けいして遠ざける(「敬する」の句項目)
(面倒なことや嫌なことに)近づかないようにすること。逃げること。 「物事にかかわるのを-する」
野球で、投手が打者との勝負を避け、意図的に四球を与えること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敬遠の関連キーワード一貫角立つ強硬恭順態度が大きい低姿勢役人風を吹かす面で人をきるギブスの吸着等温式表面発酵法

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敬遠の関連情報