コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬遠 ケイエン

デジタル大辞泉の解説

けい‐えん〔‐ヱン〕【敬遠】

[名](スル)
表面では敬う態度で、実際にはかかわりを持たないようにすること。「口うるさいので周囲から敬遠される」
かかわりを持つことを嫌ってその物事を避けること。「めんどうな仕事を敬遠する」
野球で、投手が打者との勝負を避け、故意に四球を与えること。「強打者を敬遠する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

敬遠

打者との対決を避ける、あるいは満塁の方が守りやすいと判断した際にとられる作戦で、捕手を立たせて故意四球を与えること。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

けいえん【敬遠】

( 名 ) スル
うわべは敬いながら、実際は嫌がって近寄らないこと。 「上司だからといって小言ばかりだと-される」 → けいして遠ざける(「敬する」の句項目)
(面倒なことや嫌なことに)近づかないようにすること。逃げること。 「物事にかかわるのを-する」
野球で、投手が打者との勝負を避け、意図的に四球を与えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

敬遠の関連キーワードロバートソン(Frederick William Robertson)エクスクルーシブ・メッセージエコロジー・ファッションパーク・アンド・ライドアゲハモドキ(擬鳳蝶)魚の生臭みを消すには?高校の10人制ラグビー人至って賢ければ友なし自立更生促進センター松阪市の図書館改革二宮金次郎(尊徳)オーストラリア諸語マダラガ(斑蛾)ホタルガ(蛍蛾)イランにおける犬産婦人科医の不足ソフトマッチョ救急崩壊の対策金融機能強化法敬して遠ざける

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敬遠の関連情報