コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩透かし かたすかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肩透かし
かたすかし

相撲の決まり手の一つ。右 (左) 差し手で,相手の左 (右) 腕のつけ根をひっかけるようにして,体を右 (左) 後方へ開きながら,左 (右) 手で相手の肩か首を押さえて,前へ透かし落とす。右 (左) 手で相手の左 (右) 手の肘を外からつかみ,相手の左 (右) 腕つけ根に,左 (右) 手を上外からひっかけて前へ透かし落とせば,上 (うわ) 透かし。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かた‐すかし【肩透かし】

相撲のきまり手の一。差し手を浅く相手のわきに引っかけ、手前へ引きながら体を開き、一方の手で相手の肩をたたいて前へはわせるもの。
意気込んで向かってくる相手の勢いをうまくそらすこと。「肩透かし食わせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたすかし【肩透かし】

相撲の決まり手の一。相手が押してくる時に、差し手で相手を抱え込み体を開くと同時に他方の手で相手の肩口をはたいて引き落とす技。
勢い込んで向かってくる相手の気勢をそぐこと。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肩透かしの関連情報