コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後鑑 のちかがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後鑑
のちかがみ

室町幕府の通史。本編 347巻,付録 20巻。江戸幕府の命を受けた幕府の奥儒者成島良譲 (1803~54) の編。嘉永6 (53) 年成立。初代将軍足利尊氏の元弘1 (1331) 年から 15代将軍足利義昭の慶長2 (1597) 年までの幕府関係の事柄を編年順に並べ,各事柄ごとに内容を要約して記し,次に史料を掲げ,必ず引用史料を明記している。『本朝通鑑』『徳川実紀』などとともに,江戸幕府の代表的な修史事業。原本は 1923年の震災で焼失。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のちかがみ【後鑑】

江戸後期の歴史書。本編347巻、付録20巻。成島良譲ら編。嘉永6年(1853)成立。江戸幕府の命により編集した室町幕府13代の編年体史書。将軍1代ごとに事績を記述し、その典拠を明示している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のちかがみ【後鑑】

室町幕府に関する記録。江戸幕府の修史事業の一環として,奥儒者成島良譲(筑山)が足利将軍の事跡や室町幕府の関係者の活動を中心に編集した歴史書。1853年(嘉永6)完成。1331‐1597年(元弘1‐慶長2)を将軍により区分し,〈某将軍記〉と題する本編347巻と同記の付録20巻よりなる。編年体で日ごとに綱文を立て記録,戦記,古文書を掲載する。引用史料は正確で,現在散逸し本書のみが伝えるものもある。《新訂増補国史大系》所収

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のちかがみ【後鑑】

室町幕府の歴史書。三四七巻、付録二〇巻。1853年成立。江戸幕府が成島良譲らに命じて編纂させた。歴代将軍の事績を中心に、1331年から1597年までの史実を編年体で叙述し、各条ごとに典拠史料を掲げる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後鑑
のちかがみ

江戸幕府が編纂(へんさん)した足利(あしかが)将軍家に関する歴史書。鎌倉幕府の『吾妻鏡(あづまかがみ)』に倣って奥儒者成島良譲(なるしまりょうじょう)(筑山(ちくざん))が編集にあたった。1853年(嘉永6)成立。原本は旧内務省地理課に伝来したが関東大震災で焼失。『徳川実紀』の影響を受け、将軍一代ごとに事績を編年体で掲示し、あわせてその典拠を明示する編集方針をとっている。江戸時代の考証学の発展を背景とし、古記録・古文書などの史料自体を掲載しているため、現在散逸した古文書多数を含み、史料集としても貴重。編集材料には、国立公文書館所蔵の古記録・古文書が多く利用されている。『国史大系』所収。[今谷 明]
『羽下徳彦「後鑑――その史料的価値」(『日本歴史』194号所収・1964・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

後鑑の関連キーワード寺村成樹成島筑山成島柳北古記録日次記史実

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android