コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御所人形 ごしょにんぎょう

6件 の用語解説(御所人形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御所人形
ごしょにんぎょう

江戸時代中期から京都で作られた童形の人形。木彫の母型の上に胡粉を厚く塗り重ねて作る。裸のものが多いが着物を着せたものもある。「御所人形」の名称は,初め,御所に贈物をした諸大名への返礼としてこの人形を下賜したことによるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごしょ‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【御所人形】

江戸時代、享保(1716~1736)のころ京都で創始された幼児の人形。胡粉(ごふん)塗りで肌を白く磨き出し、大きな頭部とふくよかなからだつきに気品がある。主として裸体で着せ替えができる。皇室や公卿が大名への返礼品に用いたのが名の起こりという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御所人形【ごしょにんぎょう】

京都の名産で,御所に献上されたのでこの名があり,〈大内人形〉とも呼ばれる。また宮中で下賜品とされたことから〈拝領人形〉ともいわれた。頭の大きな童形で,高級品はキリ材を用い,膚を白くみがきあげる。
→関連項目京人形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごしょにんぎょう【御所人形】

江戸時代享保(1716‐36)のころつくりだされた京都産の美術的な人形。幼童のあどけない姿態を,白磨きの肌に大きな頭と横ぶとりの丸々とした裸体で表現している。腹掛けや童直衣(わらわのうし)に烏帽子(えぼし),ずきんをかぶせたりしたものもある。最初は粘土製であったが,キリの木彫りになり,張子や練物でもつくられた。表面には胡粉地(ごふんじ)をおいて磨きだす。元来は室町時代の祓(はらい)人形の這子(ほうこ)を人形化したものといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごしょにんぎょう【御所人形】

幼児の裸人形。大きな頭に小さな目鼻立ちで、丸々と太り、肌は胡粉ごふん塗りで白い。江戸時代には、御所方が諸大名への贈答に用いた。大内人形。お土産人形。拝領人形。伊豆蔵いずくら人形。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御所人形
ごしょにんぎょう

江戸時代、享保(きょうほう)年間(1716~36)に京都で創始された美術的な人形。最初は粘土製、のちには木彫りでつくられた。軽い桐(きり)が多く用いられ、量産の場合には張り子や練り物の型抜きにした。これらに胡粉(ごふん)を塗って磨き出し、日本的な技巧と気品とを備えている。主として1、2歳から5、6歳くらいまでの幼児の裸の姿をしている。大きさは等身大から1センチメートルほどの小形まである。白磨きの肌に大きな頭、横太りの丸々した体をもった童姿で、子供のあどけなさがよく表現されている。これに腹掛けや、童直衣(わらわのうし)に烏帽子(えぼし)、頭巾(ずきん)をかぶったものもある。能楽を題材とし能衣装を着せた大作りのものを能人形ともよぶ。西国大名が参勤交代で上府の際、京都の禁裏や公家(くげ)に挨拶(あいさつ)の目録を贈る風習があり、その返礼に人形が使用されたのが御所人形の名のおこりという。京土産(みやげ)の代表的な人形で、現在は京都と東京で製作される。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御所人形の言及

【人形】より

…江戸時代の書物にまた〈若衆人形〉〈野郎人形〉〈おやま人形〉とみえるように,当代の俳優に似せたものが多かった。そのほかに,〈御所人形〉は江戸時代に京都を通過する諸大名が,皇室や公家に贈物をした返礼に与えられたものでこの名があり,肌は白く肉豊かな童形の人形で,あどけないうちにも気品がある。〈極込人形〉は,木彫の人形原型に各種の裂(きれ)地をきめこんだもの。…

※「御所人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御所人形の関連キーワード傘車帯山与兵衛(2代)大明京(3代)利国歳長(山城守系・3代)蟠竜軒藤田秀素古山伴水古山師継無南

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御所人形の関連情報