コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御湯 オユ

デジタル大辞泉の解説

お‐ゆ【御湯】

12」の美化語

み‐ゆ【御湯】

温泉。いでゆ。
「―の上(うへ)の木群(こむら)を見れば」〈・三二二〉
の敬称。おゆ。
「うらやましほた木切りくべいかばかり―わかすらむ秋の山里」〈右京大夫集
巫女(みこ)が神前で熱湯にササの葉を浸し、身にふりかけて祈ること。湯だて。
「幸を神に祈るとて、巫子祝部を召しあつめて―をたてまつる」〈読・雨月・吉備津の釜〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みゆ【御湯】

温泉の美称。いでゆ。 「 -の上の木群こむらを見れば/万葉集 322
神前で、巫女みこが笹の葉を熱湯にひたして身にふりかけて神に祈ること。湯立て。 「神をも涼しめの、-参らせう舟方/狂言謡」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御湯の関連キーワード引く・曳く・退く・牽く・惹く大嘗祭(だいじょうさい)鳥取県岩美郡岩美町岩井源泉かけ流し温泉の日御焼き餅・御焼き餠岩井(鳥取県)御湯殿上日記読書鳴弦の儀御湯殿の儀式岩井[温泉]御湯殿の上返す・反す打ち絶えて御湯殿始め心を起こす一束一本是沢恭三御昼成るおまなか小栗判官

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御湯の関連情報