コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御湯 オユ

3件 の用語解説(御湯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐ゆ【御湯】

12」の美化語。

み‐ゆ【御湯】

温泉。いでゆ。
「―の上(うへ)の木群(こむら)を見れば」〈・三二二〉
の敬称。おゆ。
「うらやましほた木切りくべいかばかり―わかすらむ秋の山里」〈右京大夫集
巫女(みこ)が神前で熱湯にササの葉を浸し、身にふりかけて祈ること。湯だて。
「幸を神に祈るとて、巫子祝部を召しあつめて―をたてまつる」〈読・雨月吉備津の釜〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みゆ【御湯】

温泉の美称。いでゆ。 「 -の上の木群こむらを見れば/万葉集 322
神前で、巫女みこが笹の葉を熱湯にひたして身にふりかけて神に祈ること。湯立て。 「神をも涼しめの、-参らせう舟方/狂言謡」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御湯の関連情報