御節(読み)オセチ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おせち【御節】

新年を祝って食べる料理。祝い肴(ざかな)(関東では、黒豆・数の子・ごまめ、関西では黒豆またはごまめ・数の子・たたきごぼうの3種)、口取り(かまぼこ・きんとん・だて巻きなど)、酢の物(紅白なますが多い)、焼き物、煮しめなどを重箱に詰めて供する。それぞれの料理には、たとえば黒豆は「まめに暮らせるように」というように、五穀豊穣、子孫繁栄、健康や長寿などの願いが込められている。各重の料理の品数は奇数とし、料理の向きや並べ方などにもしきたりがあるが、こんにちではそれほど厳格に作ることは少なく、正月用のごちそうとして、洋風・中華風のものなども作られるようになった。◇「おせち料理」ともいう。節(せち)(季節の変わり目に祝いを行う日)のごちそうや供え物をいったが、次第に正月用の料理に限定して用いるようになった。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

おせち【御節】

せちに作る料理。主に正月用の料理をいう。 「 -料理」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐せち【御節】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 正月、節供など年中行事の行なわれる日。節日(せちび)。物日(ものび)
※浄瑠璃・傾城無間鐘(1723)三「お節にて座敷は酒宴の真最中」
② 節(せち)の日に作るごちそうや、お供えの餠。また、それをふるまうこと。節供(せちく)。お節供(せちく)。せち料理。おせちぶるまい。
※俳諧・御傘(1651)一「豊明節会〈略〉おせちとばかりするは春也。これは天下の地下人、正月に親類ども振舞を申付たる俗言なれば」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「おいらも今お節(セチ)を祝った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御節の関連情報