御節料理(読み)おせちりょうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御節料理
おせちりょうり

おせちは御節供 (おせちく) の略で,御節料理正月および五節供に用いる料理を意味したが,現在では正月に用意するごちそうのことをいう。古くは,ごぼう,芋,人参,こんにゃく,大根,焼き豆腐,こぶ巻などの精進物を主とした煮しめであった。現在では,このほかに新年を祝う心を表わす祝い肴 (こぶ巻,田作り,黒豆,数の子など) ,口取り (日の出かまぼこきんとん伊達巻など) ,焼き物および酢の物などがある。味つけはやや濃い目で保存性に富み,彩りのよいものが多い。重詰にして供するのが一般的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

御節料理【おせちりょうり】

正月に食べる料理のこと。節会(せちえ)料理からきた語で,本来は節供に供される料理であった。正月三が日間食べられるよう,もちがよくさめてもよいもの,ごまめ(田作),数の子,勝栗,こぶ巻などを取り合わせ,重箱に詰める。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御節料理の関連情報