節日(読み)セチニチ

  • せちび
  • せつじつ
  • せつにち

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 季節の変わり目など、祝いを行なう日。元旦・白馬(あおうま)・踏歌・端午・相撲・重陽・豊明(とよのあかり)などの行事のある日。せつじつ。
※令義解(718)雑「凡正月一日。七日。十六日。三月三日。五月五日。七月七日。十一月大甞日。皆為節日。其普賜。臨時聴勑」
※建内記‐嘉吉元年(1441)三月三日「依節日人々参仕」
※人情本・恩愛二葉草(1834)初「節句節日(セツニチ)世間の子が、夫れ相応に着飾って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の節日の言及

【年中行事】より

…播種儀礼の2月の祈年祭(きねんさい),収穫儀礼の9月の神嘗祭(かんなめさい),11月の相嘗祭(あいなめのまつり)と鎮魂祭(ちんこんさい),風水害よけの4月と7月の大忌祭(おおいみのまつり)と風神祭,祓の6月と12月の月次祭(つきなみのまつり)と鎮火祭および道饗祭(みちあえのまつり)である。〈雑令〉には〈節日〉として中国的な節供がある。これは朝廷で節会(せちえ)がある日で,1月1日の元日節会,7日の白馬(あおうま)節会,16日の踏歌(とうか)の節会,3月3日の上巳(じようし)節会(曲水の宴),5月5日の端午(たんご)節会,7月7日の相撲節会,11月〈大嘗(おおむべ)〉の日の新嘗会(新嘗祭(にいなめさい))である。…

※「節日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

節日の関連情報