コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御経塚遺跡 おきょうづかいせき

2件 の用語解説(御経塚遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おきょうづかいせき【御経塚遺跡】

石川県石川郡野々市町御経塚,手取川扇状地北部扇端,標高10mに位置する縄文時代後・晩期の集落遺跡。近辺に,八日市新保(ようかいちしんぽ)・中屋などの同期の遺跡がある。遺跡の規模は,300m×250mと推定されており,うち1万5000m2が1977年3月史跡指定を受けた。1956年3月旧押野村史編集事業の一環として発掘調査が実施され,御経塚式土器が設定された。この調査において,岐阜県から北陸地方で多出する御物(ぎよぶつ)石器が安置された状態で発見され,発掘調査による初の出土例となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

おきょうづかいせき【御経塚遺跡】


石川県野々市(ののいち)市御経塚にある集落跡。金沢市の西南郊外に広がる水田地帯に立地する、縄文時代後期から晩期の大型集落遺跡で、縄文時代晩期前葉の「御経塚式土器」の標式遺跡として、1977年(昭和52)に国の史跡に指定された。中央部に広場をもつ、径約200mの円形もしくは馬蹄形の集落と考えられる。竪穴(たてあな)住居跡や土坑、配石遺構などが環状に発見され、土器をはじめ、土偶、耳飾りなどの土製品のほか、石鏃(せきぞく)、石斧(せきふ)、石皿、石剣、石刀、石鋸形石器、石冠、御物(ぎょぶつ)石器、玉類など豊富な種類の石製品が出土した。とくに、用途は不明ながら祭祀用の道具ではないかと考えられている御物石器が、河原石を円形状に並べた遺構の中心から発見され、注目を集めた。現在は史跡公園として整備され、竪穴住居跡1軒を復元、隣接地に野々市市ふるさと歴史館が設置されている。JR北陸本線野々市駅から徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

御経塚遺跡の関連キーワード石川県野々市市御経塚石川県野々市市押野石川県野々市市末松野々市〈町〉石川県野々市市石川県野々市市二日市石川県野々市市二日市町石川県野々市市本町石川県野々市市三日市町石川県野々市市矢作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone