コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳岡神泉 とくおか しんせん

7件 の用語解説(徳岡神泉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳岡神泉

日本画家。京都生。名は時次郎。京都絵専卒。竹内栖鳳に師事する。画風は初期の簡潔な写実的表現から、装飾的要素が加わった甘美で深味のあるものへと移る。芸術院会員。帝展審査員。文化功労者文化勲章受章。昭和47年(1972)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくおか‐しんせん〔トクをか‐〕【徳岡神泉】

[1896~1972]日本画家。京都の生まれ。本名、時次郎。竹内栖鳳(たけうちせいほう)に師事。幽遠で静寂な画境を確立。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徳岡神泉【とくおかしんせん】

日本画家。京都生れ。本名時次郎。京都市立絵画専門学校竹内栖鳳塾に学ぶ。1925年第6回帝展に初入選,その後《蓮池》《鯉》で特選となり,後たびたび審査員となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳岡神泉 とくおか-しんせん

1896-1972 昭和時代の日本画家。
明治29年2月14日生まれ。竹内栖鳳(せいほう)にまなぶ。大正15年,昭和4年の帝展で特選。26年「鯉(こい)」などで芸術院賞。41年文化勲章。ふかい内省を背景に幽玄美を追求した「刈田」などの作品を発表した。芸術院会員。昭和47年6月9日死去。76歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は時次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

とくおかしんせん【徳岡神泉】

1896~1972) 日本画家。京都生まれ。京都絵画専門学校卒。本名、時次郎。竹内栖鳳の門下。代表作「鯉」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳岡神泉
とくおかしんせん

[生]1896.2.14. 京都
[没]1972.6.9. 京都
日本画家。本名は時次郎。京都市立美術工芸学校,京都市立絵画専門学校を卒業,竹内栖鳳に師事。一時禅の修行を積み,また富士山麓に隠棲するなど精神の鍛練に励み,1925年第6回帝展に初入選。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳岡神泉
とくおかしんせん
(1896―1972)

日本画家。京都生まれ。1909年(明治42)竹内栖鳳(せいほう)の画塾に入り、京都市立美術工芸学校を経て、17年(大正6)に京都市立絵画専門学校を卒業。25年の第6回帝展で『罌粟(けし)』が初入選し、翌26年の『蓮池(はすいけ)』、29年(昭和4)の『鯉(こい)』はともに特選。翌年から帝展無鑑査となった。36年京都市立美術工芸学校教諭、翌年には日本女子美術学校教授となる。第二次世界大戦後は、51年(昭和26)に日本芸術院賞、53年には毎日美術賞を受け、57年に芸術院会員となって、66年には文化勲章を受章した。深い内観に基づく画風は、単なる写生を超えた象徴の域に達し、近代日本画のなかで高い位置を占める。代表作に『刈田(かりた)』『仔鹿(こじか)』『薄(すすき)』などがある。[二階堂充]
『岩崎吉一解説『現代日本の美術4 徳岡神泉他』(1975・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳岡神泉の関連キーワード勝田哲清原斉松本姿水森白甫太田聴雨長谷川玉粹鬼頭如石酒井亜人竹森節堂山下巌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone