徳岡神泉(読み)とくおか しんせん

百科事典マイペディアの解説

徳岡神泉【とくおかしんせん】

日本画家。京都生れ。本名時次郎。京都市立絵画専門学校竹内栖鳳塾に学ぶ。1925年第6回帝展に初入選,その後《蓮池》《》で特選となり,後たびたび審査員となった。1951年に《鯉》で芸術院賞,1952年《池》で毎日美術賞を受け,1966年文化勲章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳岡神泉 とくおか-しんせん

1896-1972 昭和時代の日本画家。
明治29年2月14日生まれ。竹内栖鳳(せいほう)にまなぶ。大正15年,昭和4年の帝展で特選。26年「鯉(こい)」などで芸術院賞。41年文化勲章。ふかい内省を背景に幽玄美を追求した「刈田」などの作品を発表した。芸術院会員。昭和47年6月9日死去。76歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は時次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくおかしんせん【徳岡神泉】

1896~1972) 日本画家。京都生まれ。京都絵画専門学校卒。本名、時次郎。竹内栖鳳の門下。代表作「鯉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳岡神泉
とくおかしんせん

[生]1896.2.14. 京都
[没]1972.6.9. 京都
日本画家。本名は時次郎。京都市立美術工芸学校,京都市立絵画専門学校を卒業,竹内栖鳳に師事。一時禅の修行を積み,また富士山麓に隠棲するなど精神の鍛練に励み,1925年第6回帝展に初入選。以来官展に出品を続け,のち審査員を歴任。写実性に装飾性を加味した密度の濃い画風は,伝統的な幽玄美の現代化に成功し,50年度日本芸術院賞,52年毎日美術賞,日本芸術院会員,66年文化勲章を受章,文化功労者。主要作品『狂女』 (1919,東京国立近代美術館) ,『鯉』 (50,同) ,『流れ』 (54,京都市美術館) ,『枯葉』 (58,京都国立近代美術館) ,『刈田』 (60,東京国立近代美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳岡神泉
とくおかしんせん
(1896―1972)

日本画家。京都生まれ。1909年(明治42)竹内栖鳳(せいほう)の画塾に入り、京都市立美術工芸学校を経て、17年(大正6)に京都市立絵画専門学校を卒業。25年の第6回帝展で『罌粟(けし)』が初入選し、翌26年の『蓮池(はすいけ)』、29年(昭和4)の『鯉(こい)』はともに特選。翌年から帝展無鑑査となった。36年京都市立美術工芸学校教諭、翌年には日本女子美術学校教授となる。第二次世界大戦後は、51年(昭和26)に日本芸術院賞、53年には毎日美術賞を受け、57年に芸術院会員となって、66年には文化勲章を受章した。深い内観に基づく画風は、単なる写生を超えた象徴の域に達し、近代日本画のなかで高い位置を占める。代表作に『刈田(かりた)』『仔鹿(こじか)』『薄(すすき)』などがある。[二階堂充]
『岩崎吉一解説『現代日本の美術4 徳岡神泉他』(1975・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とくおか‐しんせん【徳岡神泉】

日本画家。京都出身。本名時次郎。京都絵画専門学校卒業後、竹内栖鳳に師事。以後帝展・日展で活躍。作風は柔らかな雰囲気を漂わせ単純化した装飾的傾向をもつ。日本芸術院会員。代表作「鯉」「赤松」。明治二九年~昭和四七年(一八九六‐一九七二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android