忍野村(読み)おしの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忍野〔村〕
おしの

山梨県南東部,富士山北東麓にある村。南半を忍野盆地が占め,水田地域となっている。近年は工業誘致が行なわれ,主産業は工業となった。富士の伏流水の湧出によって多くのができ,そのおもな池は忍野八海と称されて,国の天然記念物に指定されている。西部の忍草(しぼくさ)は第2次世界大戦後,入会地北富士演習場として接収され,アメリカ軍自衛隊に対して返還運動が起こった。富士山と周辺の湖,神社などは,2013年世界遺産文化遺産に登録された。面積 25.05km2。人口 8968(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍野村の関連情報