コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志木[市] しき

百科事典マイペディアの解説

志木[市]【しき】

埼玉県南東部の市。1970年北足立(きたあだち)郡足立町から改称市制武蔵野台地北東部から荒川西岸の沖積低地にまたがり,中部を新河岸川が流れる。中心の志木新河岸川の河港市場町として栄えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しき【志木[市]】

埼玉県南部の市。1970年市制。人口6万4430(1995)。武蔵野台地北東縁と荒川西岸の低地よりなる。江戸時代奥州から相州甲州へ通じる脇街道の宿場町で,引又(ひきまた)町と称し,周辺農村の物資の集散地として2・7の六斎市が立った。新河岸(しんがし)川につくられた引又河岸からはサツマイモ,麦,米などのほか,甲州のブドウ和紙なども荒川を通じて江戸へ積み出され,その商圏は所沢,青梅,甲府方面まで及んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

志木[市]の関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android