志木[市](読み)しき

百科事典マイペディアの解説

志木[市]【しき】

埼玉県南東部の市。1970年北足立(きたあだち)郡足立町から改称市制武蔵野台地北東部から荒川西岸の沖積低地にまたがり,中部を新河岸川が流れる。中心の志木は新河岸川の河港,市場町として栄えた。東武鉄道東上線が通じて首都圏25km以内の距離にあるため,1960年代後半から住宅団地急増,典型的な近郊都市となった。9.05km2。6万9611人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しき【志木[市]】

埼玉県南部の市。1970年市制。人口6万4430(1995)。武蔵野台地北東縁と荒川西岸の低地よりなる。江戸時代は奥州から相州,甲州へ通じる脇街道宿場町で,引又(ひきまた)町と称し,周辺農村の物資集散地として2・7の六斎市が立った。新河岸(しんがし)川につくられた引又河岸からはサツマイモ,米などのほか,甲州のブドウ和紙なども荒川を通じて江戸へ積み出され,その商圏所沢青梅,甲府方面まで及んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android