コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性うっ滞性乳腺炎 きゅうせいうったいせいにゅうせんえんAcute Stagnation Mastitis

家庭医学館の解説

きゅうせいうったいせいにゅうせんえん【急性うっ滞性乳腺炎 Acute Stagnation Mastitis】

乳汁(にゅうじゅう)がたまるため、腫(は)れて痛む
[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)後数日たつと、乳腺内で乳汁がさかんにつくられるようになりますが、この時期には、乳管(にゅうかん)が十分に開口していません。そのため、乳汁が乳腺内にたまり(うっ滞)、あたかも炎症をおこしたときのような、さまざまな症状がおこってくることがあります。これを急性うっ滞性乳腺炎といいます。
 通常は、乳管の発育が未熟で乳汁の通過が悪く、乳汁がうっ滞しがちな、授乳に不慣れな若い初産婦(しょさんぷ)の出産後1~2週間、すなわち産褥期(さんじょくき)の早期に発症することが多いものです。
 急性うっ滞性乳腺炎の段階では、まだ細菌感染をおこしていませんが、手当をおろそかにすると、細菌が感染して、急性化膿性乳腺炎(きゅうせいかのうせいにゅうせんえん)(「急性化膿性乳腺炎」)となりますから、注意が必要です。
[症状]
 乳房(にゅうぼう)が広範囲に腫れて、乳房全体、あるいは部分的にかたくなり、押すと痛みます。この時期は、乳房は多少熱をもちますが、全身の発熱をともなうことはありません。また、皮膚の発赤(ほっせき)(充血して赤くなる)も軽度です。もし、38℃以上の発熱がみられれば、急性化膿性乳腺炎をおこした疑いがあります。
[検査と診断]
 乳房を見れば診断がつき、特別な検査は必要ありません。急性化膿性乳腺炎との鑑別がたいせつですが、急性化膿性乳腺炎は多くは発熱をともない、鑑別できます。
[治療]
 治療の第一は、たまった乳汁を除去することです。まず、乳頭(にゅうとう)や乳房のマッサージ(「母乳の出をよくする乳房の手入れ」)で乳管(にゅうかん)を開き、積極的に授乳に努めるとともに、授乳後は搾乳器(さくにゅうき)で乳汁を残らず排除します。さらに、感染予防のために乳頭、乳輪(にゅうりん)の清拭(せいしき)を行ない、清潔にしておくことが重要です。
 乳房の痛みや張りが解消できない場合や、症状が強い場合は、乳房を冷湿布で冷やして、消炎と一時的な乳汁の分泌抑制(ぶんぴつよくせい)につとめます。
 薬物療法として、炎症をしずめるために、消炎酵素剤(しょうえんこうそざい)や抗生物質を使用することがあります。また、乳汁分泌抑制剤の使用が有効なこともあります。
[予防]
 産褥初期から規則的に授乳し、そのあと必ず搾乳器かマッサージで乳汁を残らず排除することがたいせつです。乳頭の亀裂(きれつ)や乳頭のへこんだ陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)などがあると授乳が十分できず、乳汁うっ滞をきたすので、妊娠中からの手入れがたいせつです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

急性うっ滞性乳腺炎の関連キーワード産褥期の注意すべき症状と対策乳房のしくみとはたらき産褥熱乳腺症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android