コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母乳の出をよくする乳房の手入れ ぼにゅうのでをよくするにゅうぼうのていれ

1件 の用語解説(母乳の出をよくする乳房の手入れの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼにゅうのでをよくするにゅうぼうのていれ【母乳の出をよくする乳房の手入れ】

母乳栄養について
 赤ちゃんを胸に抱いて母乳を与えることは、赤ちゃんにとって、栄養面はもとより、精神的な発育にも好影響を与える自然で理想的な栄養法です。
 母乳栄養には、一般的につぎのようなメリットデメリットがあります。
●母乳栄養のメリット
①発育に必要な栄養成分が適度に含まれ、消化しやすくなっています。
②母乳は無菌的なので衛生面でも安全。
③感染から赤ちゃんを守る、免疫成分(抗体(こうたい))を含んでいます。
④味、香り、温度などが温和で、赤ちゃんの嗜好(しこう)に適しています。
⑤赤ちゃんの顎(あご)の発達にも好影響。
スキンシップアイコンタクトなどで母と子の愛情の結びつきが強くなり、子どもの人格形成にも好影響。
⑦経済的で、手間がかかりません。
⑧母乳の分泌(ぶんぴつ)は、母体の子宮(しきゅう)の回復を促進します。
●デメリットとその対策
人工栄養児に比べ、母乳栄養児は黄疸(おうだん)がでやすく、長びくといわれていますが、病的な黄疸との鑑別はできますので心配はありません。
②母乳栄養児は、乳児ビタミンK欠乏性出血症(新生児の場合、下血(げけつ)、脳出血歯肉出血などの症状がおこる)の頻度が高いといわれています。しかし、妊娠中にビタミンKを多く含む食品を摂取し、乳児にはビタミンKの内服や注射をすることで発症を防げます。
お母さんが薬剤を使用している場合、母乳の中に薬剤が出ることがあります。赤ちゃんへの薬剤の影響は、薬の種類により異なります。母乳をあきらめる前に、医師に相談しましょう。
環境ホルモンダイオキシン)による汚染も考えられますが、今のところ、母乳を中止する理由はありません。
◎妊娠中の乳房の手入れのしかた
●始める時期
 母乳を分泌する準備は、妊娠中から始まっています。乳房の手入れは、胎盤(たいばん)が完成し安定期に入る妊娠16週ごろから、毎日でも行ないましょう。ただし、流産や早産の徴候のある人や、安静の指示が出ている人は、医師に相談してからにしましょう。
●乳房の血行をよくするマッサージ
 母乳は、乳腺(にゅうせん)で血液の成分からつくられます。そこで、血管が多く分布する乳房のつけ根の血液の循環を、妊娠中からよくしておくことがたいせつです(図「乳房基底部のマッサージ(1)」図「乳房基底部のマッサージ(2)」図「乳房基底部のマッサージ(3)」)。
●乳くび(乳頭(にゅうとう))の手入れ
 赤ちゃんは、乳くびに舌をまきつけるような形で吸います。そのため、乳くびが乳輪(にゅうりん)の中に埋まっているような陥没乳頭(かんぼつにゅうとう)や、乳くびの先がたいらになっている扁平乳頭(へんぺいにゅうとう)、かたくて大きい巨大乳頭などは、赤ちゃんが吸いにくいため、授乳がむずかしく、トラブルもおこりやすくなります。赤ちゃんが吸いつきやすいように、そして、吸いつく刺激に慣れておくためにも、妊娠中から乳くびの手入れを始めましょう(図「乳頭・乳輪部のマッサージ」)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

母乳の出をよくする乳房の手入れの関連キーワード黄疸卒乳母乳栄養赤ちゃん自然栄養赤ちゃん言葉人工栄養児母乳栄養児栄養疫学母乳黄疸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone