コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪力乱神 カイリョクランシン

デジタル大辞泉の解説

かいりょく‐らんしん〔クワイリヨク‐〕【怪力乱神】

《「論語」述而の「力乱神を語らず」から。怪異・勇力・悖乱(はいらん)・鬼神の四つをさす》理屈では説明しきれないような、不思議な現象や存在。
[補説]「怪力」は「怪異(かいい)と勇力(ゆうりょく)」の意で、「かいりょく」と読む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいりょくらんしん【怪力乱神】

〔論語 述而「子不怪力乱神」。怪異・勇力・悖乱はいらん・鬼神の意から〕
理性では説明できないような不思議な存在や現象をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

怪力乱神の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)徳大寺実基子不語理性

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android