コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恋う コウ

デジタル大辞泉の解説

こ・う〔こふ〕【恋う】

[動ワ五(ハ四)]特定の異性に心ひかれて、その人を思い慕う。また、特別な人物や場所などを強く慕う。恋する。「亡き妻を―・う」「故郷を―・う」「昔を―・う」
[動ハ上二]《本来は、時間的、空間的、心理的に離れてしまった対象に思いが残り、それに心ひかれて嘆き悲しむ意。上代は助詞「に」をうけて、「…に恋う」の形で用いられた》
に同じ。
「我が背子に―・ふれば苦し暇(いとま)あらば拾(ひり)ひて行かむ恋忘れ貝」〈・九六四〉
季節や植物などを賞美する。めでる。
「撫子(なでしこ)がその花にもが朝な朝(さ)な手に取り持ちて―・ひぬ日なけむ」〈・四〇八〉
[補説]古くは上二段であるが、中世末期ごろから「千々のあはれは妻こふ鹿の音」〈松の葉・三〉のように四段に活用する例が見られる。また、現代でも「この祖母を恋いる事を忘れて」〈三重吉・小鳥の巣〉のように上一段に活用する例がまれに見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こう【恋う】

( 動五[四] )
思い慕う。愛する。懐かしく思う。 「母を-・う」 「故郷を-・う気持ちがつのる」 「妻-・ふ鹿の音/松の葉」
( 動上二 )
人、特に異性を恋する。ほれる。 「出で立たむ力をなみと隠り居て君に-・ふるに心どもなし/万葉集 3972」 「まだ見ぬ人を-・ふるものとは/伊勢 101
慕わしく思う。 「君をこそ兄君よりはいみじう-・ひ聞え給ふめれ/大鏡 伊尹
(ある場所や物を)懐かしく思う。 「人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我は-・ひつつ居らむ/万葉集 862」 「月のおもしろかりける夜、こぞを-・ひて/古今 恋五詞」 〔本来は上二段活用の語で、中世末期以降四段にも活用された。現代語では「恋い慕う」「恋いこがれる」のように複合動詞として多く用いられ、単独で用いられることは少ない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恋うの関連キーワードジャーエシー芭蕉(俳人)木更津(市)伊藤ゆきえ籠鳥・篭鳥佐藤邦洋なでしこ大伴大嬢色深し泉鏡花静御前上代撫子けむ背子世心補説シカ助詞

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恋うの関連情報