喘ぐ(読み)アエグ

デジタル大辞泉の解説

あえ・ぐ〔あへぐ〕【×喘ぐ】

[動ガ五(四)]《古くは「あえく」》
苦しそうに、せわしく呼吸する。息を切らす。「急な坂を―・ぎながら登る」
重圧や貧困などに苦しみ悩む。「不況に―・ぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あえぐ【喘ぐ】

( 動五[四] )
苦しそうに息をする。息を切らす。 「 - ・ぎ、-・ぎ登る」
不調に苦しむ。うまくいかず悩む。 「不況に-・ぐ」 〔上代・平安時代は「あへく」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喘ぐの関連情報