コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噎ぶ/咽ぶ ムセブ

1件 の用語解説(噎ぶ/咽ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むせ・ぶ【×噎ぶ/咽ぶ】

[動バ五(四)]《古くは「むせふ」》
飲食物をのどに詰まらせたり、煙を吸い込んだりして、息苦しくなる。また、そのようになってせきこむ。むせる。「たき火の煙に―・ぶ」
こみ上げる感情で息が詰まる。また、息を詰まらせながら泣く。「感涙に―・ぶ」
むせび泣くような声や音を立てる。
「声はして雲路に―・ぶ郭公(ほととぎす)涙やそそく宵のむら雨」〈新古今・夏〉
水の流れがつかえる。また、つかえて水音を立てる。
「巌泉―・んで布をひき、嶺猿叫んで枝にあそぶ」〈平家・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噎ぶ/咽ぶの関連キーワード居並ぶ素っ転ぶ綻ぶ噎せ返る押並ぶ思い浮ぶ消し飛ぶ立並ぶ尊ぶ滅ぶ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone