コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噎ぶ/咽ぶ ムセブ

デジタル大辞泉の解説

むせ・ぶ【×噎ぶ/咽ぶ】

[動バ五(四)]《古くは「むせふ」》
飲食物をのどに詰まらせたり、煙を吸い込んだりして、息苦しくなる。また、そのようになってせきこむ。むせる。「たき火の煙に―・ぶ」
こみ上げる感情で息が詰まる。また、息を詰まらせながら泣く。「感涙に―・ぶ」
むせび泣くような声や音を立てる。
「声はして雲路に―・ぶ郭公(ほととぎす)涙やそそく宵のむら雨」〈新古今・夏〉
水の流れがつかえる。また、つかえて水音を立てる。
「巌泉―・んで布をひき、嶺猿叫んで枝にあそぶ」〈平家・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android