息が切れる(読み)イキガキレル

デジタル大辞泉の解説

息(いき)が切(き)・れる

息切れがする。あえぐ。「石段の途中で―・れた」
物事を続けることが苦しくなり、中途でやめる。「資金がなくて事業の半ばで―・れる」
息が止まる。死ぬ。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いき【息】 が 切(き)れる

① 激しく動いたりして息切れがする。息が続かなくなる。あえぐ。
※曾我物語(南北朝頃)五「ついの陣を一陣にあはせて、馬のいききるる程ぞおうたりけり」
② 息が絶える。死ぬ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 物事が長く続けられないで、途中で弱る。
※浄瑠璃・志賀の敵討(1776)七「傾城買いも、質種(しちぐさ)の息(イキ)の切れぬうちやめた方がましであろ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報