コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪性リンパ腫 あくせいリンパしゅ malignant lymphoma

7件 の用語解説(悪性リンパ腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悪性リンパ腫
あくせいリンパしゅ
malignant lymphoma

リンパ節の腫脹をおもな症状とする腫瘍性疾患の総称。リンパ球 (免疫に関係する白血球) にTとBの2種類あることが発見されるなど,免疫細胞学の発達に伴って,悪性リンパ腫の分類の再検討が行われ,現在では,顕微鏡による組織像によって,(1) ホジキンリンパ腫,(2) 非ホジキンリンパ腫の2つに分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あくせい‐リンパしゅ【悪性リンパ腫】

リンパ節を構成する細胞が無制限に増殖する悪性腫瘍ホジキン病とそれ以外のものとに大別される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

悪性リンパ腫【あくせいリンパしゅ】

リンパ節,脾臓,扁桃などリンパ組織の細胞が悪性化して,増殖する進行性の病気で,と同じ性質をもつ。病因としてウイルス微生物があげられるが不明の点が多い。ホジキン病と非ホジキン病に大別される。
→関連項目塩酸イリノテカン骨髄移植小児癌造血幹細胞移植日和見感染症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

あくせいりんぱしゅ【悪性リンパ腫 Malignant Lymphoma】

[どんな病気か]
 リンパ組織は、感染などからからだを守る、重要なはたらきをしています。
 悪性リンパ腫は、このリンパ組織を構成するリンパ節、脾臓(ひぞう)、扁桃(へんとう)などの細胞が悪性化して、無制限に増殖する病気で、白血病とならぶ代表的な血液のがんです。
●種類
 大きく分けると、ホジキン病と非ホジキンリンパ腫の2つですが、悪性化した細胞の種類によって、さらに細かく分類されます。また、種類によって、病気の経過や治療に対する反応のしかたなどがちがってきます。
 ホジキン病は、リンパ球優位型、結節硬化型(けっせつこうかがた)、混合細胞型、リンパ球減少型の4つに分類されます。
 非ホジキンリンパ腫には、濾胞性(ろほうせい)リンパ腫(しゅ)とびまん性リンパ腫に大別する分類や、予後を考慮した国際分類などの分け方があります。
 原因はまだわかっていませんが、一部のものは、ウイルスの感染が原因と考えられています。また、免疫不全(めんえきふぜん)や遺伝子の異常も深くかかわっているとみられています。
 レトロウイルスの1つであるHTLV‐Ⅰ が原因となって、リンパ球のT細胞に異常をおこすものは、成人(せいじん)T細胞白血病(さいぼうはっけつびょう)のリンパ腫(しゅ)型(「成人T細胞白血病」の④リンパ腫型)として扱われています。
●頻度
 日本でのリンパ系悪性腫瘍(あくせいしゅよう)による死亡率は、人口10万人に対し男性は4人、女性は2人程度です。
 ホジキン病の発症は、20~30歳代の若い人と高齢者に多くみられます。非ホジキンリンパ腫は、50~60歳に多い傾向があります。
 また、日本ではホジキン病は少なく、非ホジキンリンパ腫が多くなっていますが、なかでも悪性度の高いT細胞性のリンパ腫の頻度が高くなっています。
[症状]
 からだの表面近くのリンパ節が腫(は)れてきて、いわゆるぐりぐりができますが、押しても痛くなく、周囲に傷口や化膿(かのう)も見あたりません。
 ぐりぐりの発生しやすい部位は、くび、わきの下、足のつけ根などです。
 押しても痛くないぐりぐりに気づいたときは、血液専門の医師の診察を受けるべきです。
 病気が進行すると、何か所ものリンパ節が腫れてきて、発熱、体重減少、寝汗(ねあせ)なども現われてきます。
 また、からだの奥の、外からは触れることのできないリンパ節が腫れたり、扁桃や脾臓が腫れてくることもあります(図「リンパ腫が発生する部位」)。
[検査と診断]
 腫れたリンパ節の組織の一部を採取し、顕微鏡で見て細胞の種類を調べるリンパ節生検(せつせいけん)を行なわないと、確実な診断はくだせません。
 1回のリンパ節生検では診断をくだすことができず、経過をみながらくり返しリンパ節生検を行なって、初めて診断がつくこともあります。
 血液の専門医がこの検査を行なって初めて診断が可能になるのですが、ときには専門医でも診断が困難なこともあります。
 リンパ節生検で診断が確定したら、血液・骨髄検査(こつずいけんさ)、各種のX線検査、CTスキャン、MRIなどを行なって、病気の広がりを調べます。これらの検査結果は、治療の方法を選ぶのにたいせつな指標となります。
 病気の初期は、血液検査で特徴的な異常はみられませんが、病気が進行していろいろな臓器に広がってくると、病巣ができている臓器に応じて肝障害、貧血などの異常が現われてきます。
[治療]
 ある部位に病気が限局していて、進行していない場合は、放射線療法を主体にして治療します。病気が全体に広がっている場合は、いろいろな抗腫瘍剤(こうしゅようざい)を組み合わせて使用する多剤併用化学療法(たざいへいようかがくりょうほう)を主体にして治療するのが原則です。
 また、場合によって、骨髄移植(こつずいいしょく)(「骨髄移植の知識」)が行なわれることもあります。
 悪性リンパ腫が、胃や腸などの臓器に発生した場合には、手術をして切除するのがふつうです。
●予後
 ホジキン病は、多剤併用化学療法によって、10年生存率は約70%に達し、初期の段階で診断できた場合は、治る可能性もあると考えられています。
 非ホジキンリンパ腫は、ホジキン病に比べると予後が悪いのですが、型によっては、生存期間が5~7年と長い場合もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

あくせいリンパしゅ【悪性リンパ腫 malignant lymphoma】

リンパ節や脾臓等のリンパ組織を構成するリンパ網内系細胞の腫瘍性変化によって,これら組織の腫張を起こす疾患。病因として種々の微生物やウイルスの感染があげられるが,その多くは確かでない。リード=スターンバーグ細胞Reed‐Sternberg cellとよばれる巨細胞の存在を特徴とし若年層に多いホジキン病と,非ホジキン病に大別される。さらに,増殖形態(濾胞性か瀰漫(びまん)性か),増殖細胞の性状あるいは予後などによって,種々の病型に分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あくせいリンパしゅ【悪性リンパ腫】

リンパ系の細胞に発生した悪性の腫瘍。頸部・わきの下・鼠蹊そけい部などの表面のリンパ節が大きくはれる。四〇代以降に多い。 → ホジキン病

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悪性リンパ腫
あくせいりんぱしゅ

リンパ組織に発生した進行性悪性の腫瘍(しゅよう)で、癌(がん)と同じ性質をもっている。原因は不明の点が多いが、なかにはウイルスが原因と確定されつつあるものもある(バーキットリンパ腫)。発生部位は、リンパ球がつくられるところならどこにでもできるが、もっとも多いところは、頸(けい)部、わきの下、鼠径(そけい)部のリンパ節であり、進行すると全身のリンパ節からさらに骨髄内にも拡大し、血液中にも多数の病的リンパ球が出現する。白血性悪性リンパ腫といわれ、リンパ性白血病と同じ症状を示すことが多い。顕微鏡所見からホジキン病と非ホジキンリンパ腫に大別され、さらに非ホジキンリンパ腫はリンパ肉腫、細網肉腫、濾胞(ろほう)性リンパ腫およびバーキットリンパ腫に細別される。また最近になって、増加しているリンパ球の形からの分類が行われている。病巣の広がり方からI期、期、期、期に分けられるが、I、期では、はれたリンパ節が横隔膜のいずれか一方にあり、期になると両側に広がり、期では全身的にびまん性に広がる。外科手術、放射線照射、抗癌剤(エンドキサン、ビンクリスチン、アドリアマイシン、ブレオマイシンなど)、副腎(ふくじん)皮質ホルモンがそれぞれの病期にあわせて用いられるが、期は予後が悪くなり、I、期では完全に治る例もある。
 また、免疫をその役目としているリンパ組織が侵されるために、細菌感染とかウイルス感染に対する抵抗力が低下して、感染症にかかりやすくなったり、自己免疫性疾患が合併しやすくなる。最近は、免疫力を強くするためにBCG、CWSその他の免疫賦活剤が併用されて効果を高めている。[伊藤健次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の悪性リンパ腫の言及

【血液】より

…どの系統の血球が腫瘍になったかにより,顆粒球性,リンパ球性,単球性に分け,また白血病の細胞が成熟する傾向を示さず,急激な経過をとる急性白血病と,成熟傾向があり,ゆっくりした経過をたどる慢性白血病に分類される。リンパ節でリンパ球が腫瘍化したものは悪性リンパ腫といい,特徴ある大型の細胞が出現するホジキン病と,そうでない非ホジキンリンパ腫に大別される。白血病と悪性リンパ腫は代表的な血液の癌である。…

※「悪性リンパ腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

悪性リンパ腫の関連キーワードリンパ節外リンパ何心地淋巴ロンドンパープルMALTリンパ腫血球貪食性リンパ組織球症リンパ腫リンパ組織Q熱(塹壕熱)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

悪性リンパ腫の関連情報