情報科学技術協会(米国)(読み)じょうほうかがくぎじゅつきょうかい(英語表記)Association for Information Science and Technology(ASIS&T)

図書館情報学用語辞典の解説

情報科学技術協会(米国)

情報学の進歩と情報専門職の向上を目的とする団体で,1937年に設立された.最初はAmerican Documentation Instituteという名称で,学協会,財団,政府機関の代表によって構成され,マイクロ写真技術を扱っていたが,第二次大戦後は会員の範囲を広げ,ドキュメンテーションに関する諸問題を広く扱うようになった.情報学の興隆とともに,1968年にAmerican Society for Information Scienceとなり,2000年にAmerican Society for Information Science and Technology(ASIS&T)に,さらに2013年にAssociation for Information Science and Technology(ASIS&T)に改称した.個人会員と団体会員によって構成され,理事会のもとに,各種の委員会,専門部会,支部などが組織されている.学術雑誌Journal of the American Society for Information Science and Technology(1950-  創刊時はAmerican Documentation,その後,Journal of the American Society for Information Science)やレビュー誌Annual Review of Information Science and Technology(1966-2011)などの出版や,会合の開催,研修などを始め,多彩な活動を展開している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android