情報科学技術協会(米国)(読み)じょうほうかがくぎじゅつきょうかい(英語表記)Association for Information Science and Technology(ASIS&T)

図書館情報学用語辞典の解説

情報科学技術協会(米国)

情報学の進歩と情報専門職の向上を目的とする団体で,1937年に設立された.最初はAmerican Documentation Instituteという名称で,学協会,財団,政府機関の代表によって構成され,マイクロ写真技術を扱っていたが,第二次大戦後は会員の範囲を広げ,ドキュメンテーションに関する諸問題を広く扱うようになった.情報学の興隆とともに,1968年にAmerican Society for Information Scienceとなり,2000年にAmerican Society for Information Science and Technology(ASIS&T)に,さらに2013年にAssociation for Information Science and Technology(ASIS&T)に改称した.個人会員と団体会員によって構成され,理事会のもとに,各種の委員会,専門部会,支部などが組織されている.学術雑誌Journal of the American Society for Information Science and Technology(1950-  創刊時はAmerican Documentation,その後,Journal of the American Society for Information Science)やレビュー誌Annual Review of Information Science and Technology(1966-2011)などの出版や,会合の開催,研修などを始め,多彩な活動を展開している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android