コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惑星運動論 わくせいうんどうろん planetary theory

1件 の用語解説(惑星運動論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わくせいうんどうろん【惑星運動論 planetary theory】

力学法則に基づく惑星の運動論の研究は,I.ニュートンによる力学体系が確立されてから始まった。ニュートン以前の天動説地動説は,地球から見た惑星の運動を幾何学的に説明しようとしていたといってよい。ギリシア天文学を集大成したプトレマイオスによる天動説では,地球を宇宙の中心に置き,太陽と惑星の運動を円運動(周転円)の組合せで説明している。N.コペルニクスの地動説は,天動説における太陽と地球の役割をおきかえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

惑星運動論の関連キーワードケプラーの法則天体力学天文時動力学ニュートンの運動の法則熱力学プラネタリウム基づくケプラー運動熱力学の諸法則

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone