(読み)みじめ

精選版 日本国語大辞典「惨」の解説

みじ‐め【惨】

〘名〙 (形動) (「見じ目」の意か) あわれで見るにしのびないこと。まともに見ていられないほど、いたいたしいこと。また、自分がひどく卑小で情なく、屈辱的に感じられること。また、そのさま。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「子(がき)が出来ちゃアみじめだゼ」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉二「白いベッドの上に横(よこた)へられた無残(ミジメ)な自分の姿が明かに見えた」
みじめ‐さ
〘名〙

さん【惨】

〘形動ナリ・タリ〙 いたましいさま。むごたらしいさま。また、心が痛むような悲しいさま。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之〉五「祖先の遺せる小作地を〈略〉他に与ふること惜しく、悲しく、乃ち涙を以てするの意を含めるものとす、何ぞ其の語の惨なる」 〔詩経‐陳風・月出〕

むご【惨】

(形容詞「むごい」の語幹) むごいこと。感動表現に用いる。
浄瑠璃・天神記(1714)二「むごやつらや情なや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「惨」の解説

さん【惨〔慘〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]サン(呉)(漢) ザン(慣) [訓]みじめ むごい
〈サン〉
いたましい。みじめ。「惨禍惨苦惨憺さんたん惨落悲惨
むごい。むごたらしい。「惨劇惨烈陰惨凄惨せいさん
〈ザン〉
みじめ。「惨敗
むごい。「惨殺惨死

さん【惨】

[ト・タル][文][形動タリ]いたましいさま。また、ひどく悲しむさま。「たる光景」
「―として暗くなった顔」〈芥川偸盗

ざん【惨】[漢字項目]

さん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android