危殆(読み)きたい

精選版 日本国語大辞典「危殆」の解説

き‐たい【危殆】

〘名〙 (形動) あぶないこと。また、そのさま。危険
※寛永刊本三略抄(1615)上「君を危のあだないめにあわする」
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第二部「日々頽廃しつつあるやうな危殆(キタイ)極まる国家は」 〔韓非子‐解老〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「危殆」の解説

き‐たい【危×殆】

[名・形動]あやういこと。非常にあぶないこと。また、そのさま。危険。
「此娘を…こわれ物、―なる物として」〈鴎外青年
[類語]危険危難危機危地ピンチ物騒危ない苦境窮地窮境窮状難局羽目虎口ここう剣呑けんのん険しい不穏際どいやばいきな臭い呉越同舟一触即発風前のともしび薄氷をふむ風雲急を告げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「危殆」の解説

【危殆】きたい

危うい。〔管子、立政九敗解〕(そ)れに處り、賢不たず。則ち爭奪の亂りて、君殆の中に在り。

字通「危」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android