コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物騒/物忩 ブッソウ

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐そう〔‐サウ|‐ソウ〕【物騒/物×忩】

[名・形動]
よくない事が起きたり起こしたりしそうな危険な感じがすること。また、そのさま。「―な世の中」「―な連中」
ざわざわとして落ち着かないこと。また、そのさま。
「京中―の由承る間」〈古活字本保元・上〉
落ち着きがなく、そそっかしいこと。また、そのさま。
「―なる僧にて」〈沙石集・八〉
[補説]「ぶっそう」が「ものさはがし」に「物」と当てて音読した和製漢語であるとする説もあるが、保元物語・沙石集とも「物忩」を当てているところからみて疑わしい。また、歴史的仮名遣いも「物忩」ならば「そう」である。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっそう【物騒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あぶないこと。何が起こるかわからないさま。 「 -な世の中になったものだ」
危険なことをしそうなさま。 「 -な男」
さわがしいさま。おだやかでないさま。 「この程京中-のよし承る間/保元 上・古活字本
[派生] -さ ( 名 )
〔「ものさわがし」の漢字表記「物騒」を音読みした語といわれる。しかし、室町期以前の表記に「物忩ぶつそう」があり(「忩」はあわただしい、いそがしいの意)、これによれば、歴史的仮名遣いは「ぶつそう」となる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

物騒/物忩の関連キーワードオトギリソウ岡田茂(1)デンジャラス怪しからず物騒がしい大浦兼武変体漢文近衛尚通きな臭い世の中不用心破裂営む熊坂

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android