コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物騒/物忩 ブッソウ

2件 の用語解説(物騒/物忩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐そう〔‐サウ|‐ソウ〕【物騒/物×忩】

[名・形動]
よくない事が起きたり起こしたりしそうな危険な感じがすること。また、そのさま。「―な世の中」「―な連中」
ざわざわとして落ち着かないこと。また、そのさま。
「京中―の由承る間」〈古活字本保元・上〉
落ち着きがなく、そそっかしいこと。また、そのさま。
「―なる僧にて」〈沙石集・八〉
[補説]「ぶっそう」が「ものさはがし」に「物騒」と当てて音読した和製漢語であるとする説もあるが、保元物語・沙石集とも「物忩」を当てているところからみて疑わしい。また、歴史的仮名遣いも「物忩」ならば「そう」である。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶっそう【物騒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あぶないこと。何が起こるかわからないさま。 「 -な世の中になったものだ」
危険なことをしそうなさま。 「 -な男」
さわがしいさま。おだやかでないさま。 「この程京中-のよし承る間/保元 上・古活字本
[派生] -さ ( 名 )
〔「ものさわがし」の漢字表記「物騒」を音読みした語といわれる。しかし、室町期以前の表記に「物忩ぶつそう」があり(「忩」はあわただしい、いそがしいの意)、これによれば、歴史的仮名遣いは「ぶつそう」となる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物騒/物忩の関連キーワード上がったり在り来りけちが付く拙速寝起き臥し起き不良行成り負の連鎖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone