物騒/物忩(読み)ブッソウ

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐そう〔‐サウ|‐ソウ〕【物騒/物×忩】

[名・形動]
よくない事が起きたり起こしたりしそうな危険な感じがすること。また、そのさま。「―な世の中」「―な連中」
ざわざわとして落ち着かないこと。また、そのさま。
「京中―の由承る間」〈古活字本保元・上〉
落ち着きがなく、そそっかしいこと。また、そのさま。
「―なる僧にて」〈沙石集・八〉
[補説]「ぶっそう」が「ものさはがし」に「物」と当てて音読した和製漢語であるとする説もあるが、保元物語・沙石集とも「物忩」を当てているところからみて疑わしい。また、歴史的仮名遣いも「物忩」ならば「そう」である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっそう【物騒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あぶないこと。何が起こるかわからないさま。 「 -な世の中になったものだ」
危険なことをしそうなさま。 「 -な男」
さわがしいさま。おだやかでないさま。 「この程京中-のよし承る間/保元 上・古活字本
[派生] -さ ( 名 )
〔「ものさわがし」の漢字表記「物騒」を音読みした語といわれる。しかし、室町期以前の表記に「物忩ぶつそう」があり(「忩」はあわただしい、いそがしいの意)、これによれば、歴史的仮名遣いは「ぶつそう」となる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android