コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危ない アブナイ

デジタル大辞泉の解説

あぶな・い【危ない】

[形][文]あぶな・し[ク]
災いが起こりそうである。危険だ。「―・い遊び」「―・い目に遭う」
すぐにだめになりそうである。消滅・破産・死などの状態が近い。「経営が―・くなる」「命が―・い」
見通しが暗い。あてにならない。「明日の天気は―・いようだ」
信頼の度が薄い。不確かだ。「その話は―・いなあ」
不安定だ。「―・い足どり」
[派生]あぶながる[動ラ五]あぶなげ[形動]あぶなさ[名]
[用法]あぶない・あやうい――「危ない」は、「夜のひとり歩きは危ない」のように悪い結果になる可能性が高い場合に使われ、「危だ」も同じ意味で使われる。◇「危ない」には、信頼度が低い、確実ではない、の意もある。「合格できるかどうか危ないものだ」など。◇「危うい」には、気がかりだ、不安だ、の気持ちが込められる。「危うい立場」と「危ない立場」には微妙なニュアンスの違いがみられる。◇「ところ」などを付けた形「危ないところを助かった」「危ういところを助かった」の場合では、両者とも用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぶない【危ない】

( 形 ) [文] ク あぶな・し
身体・生命がそこなわれそうだ。危険だ。 「道路で遊ぶのは-・い」 「命が-・い」
組織などが存続しそうもない。地位がおびやかされている。 「 - ・い会社」 「このままでは社長の椅子が-・い」 「首が-・い」
よい結果が期待できそうにない。悪い結果が予想される状態にある。 「決勝進出が-・くなった」 「明日の天気は-・い」
信頼できない。信用がおけない。 「彼の保証では-・い」 〔中世以降、「あやうい」に代わって用いられるようになった。現代では「あやうい」は文章語的に用いられ、死や滅亡など最悪の事態が差し迫っている意に用いる。それに対して「あぶない」は生命・身体などを損ないかねないような、好ましくない事態が起こりそうであることをいう〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 名 ・形動 ) -さ ( 名 )
[句項目] 危ない橋を渡る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

危ないの関連キーワードロクサナ セントクレア生き延びる・生延びるゴーイングコンサーン刀下の鳥林藪に交わるサイレントベビー朽索六馬を馭す年寄りの冷や水予言の自己成就危なっかしいクリティカルデジタル遺品タイトロープデンジャラス多動症候群陸別[町]七賢人物語おっとっと危なげない夢の浮き橋肝を冷やす

危ないの関連情報