コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危ない アブナイ

2件 の用語解説(危ないの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あぶな・い【危ない】

[形][文]あぶな・し[ク]
災いが起こりそうである。危険だ。「―・い遊び」「―・い目に遭う」
すぐにだめになりそうである。消滅・破産・死などの状態が近い。「経営が―・くなる」「命が―・い」
見通しが暗い。あてにならない。「明日の天気は―・いようだ」
信頼の度が薄い。不確かだ。「その話は―・いなあ」
不安定だ。「―・い足どり」
[派生]あぶながる[動ラ五]あぶなげ[形動]あぶなさ[名]
[用法]あぶない・あやうい――「危ない」は、「夜のひとり歩きは危ない」のように悪い結果になる可能性が高い場合に使われ、「危険だ」も同じ意味で使われる。◇「危ない」には、信頼度が低い、確実ではない、の意もある。「合格できるかどうか危ないものだ」など。◇「危うい」には、気がかりだ、不安だ、の気持ちが込められる。「危うい立場」と「危ない立場」には微妙なニュアンスの違いがみられる。◇「ところ」などを付けた形「危ないところを助かった」「危ういところを助かった」の場合では、両者とも用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あぶない【危ない】

( 形 ) [文] ク あぶな・し
身体・生命がそこなわれそうだ。危険だ。 「道路で遊ぶのは-・い」 「命が-・い」
組織などが存続しそうもない。地位がおびやかされている。 「 - ・い会社」 「このままでは社長の椅子が-・い」 「首が-・い」
よい結果が期待できそうにない。悪い結果が予想される状態にある。 「決勝進出が-・くなった」 「明日の天気は-・い」
信頼できない。信用がおけない。 「彼の保証では-・い」 〔中世以降、「あやうい」に代わって用いられるようになった。現代では「あやうい」は文章語的に用いられ、死や滅亡など最悪の事態が差し迫っている意に用いる。それに対して「あぶない」は生命・身体などを損ないかねないような、好ましくない事態が起こりそうであることをいう〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 名 ・形動 ) -さ ( 名 )
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危ないの関連キーワード危な危な危な危なっかしい磯臭い黴臭い気味好い酸い手堅い陳臭いとろ・い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

危ないの関連情報