コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性腸炎 まんせいちょうえんChronic Enterocolitis

家庭医学館の解説

まんせいちょうえん【慢性腸炎 Chronic Enterocolitis】

[どんな病気か]
 慢性の下痢(げり)、腹痛、血便(けつべん)などを主症状とするものです。一部の感染性腸炎、炎症性腸疾患、膠原病(こうげんびょう)による腸炎などがあります。
[原因]
 代表的な感染性腸炎は結核菌(けっかくきん)による腸結核(ちょうけっかく)です。原虫(げんちゅう)によるものには、赤痢(せきり)アメーバによる腸アメーバ症があります。
 炎症性腸疾患には潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)(「潰瘍性大腸炎」)、クローン病(「クローン病」)などがあります。
 腸炎をともなう膠原病には、全身性エリテマトーデス、結節性多発動脈炎、全身性強皮症(きょうひしょう)、関節リウマチなどがあります。
 ほかにアミロイドーシス、ベーチェット病、放射線性腸炎などがあります。
[検査と診断]
 感染性腸炎では便中細菌の培養や、虫卵(ちゅうらん)、便の顕微鏡検査が行なわれます。
 血液検査は、炎症や栄養障害の程度、原因の検索に必要で、白血球(はっけっきゅう)の増加、炎症反応の高値、貧血(ひんけつ)などの異常はなんらかの炎症性疾患の存在を示します。また、自己抗体(じここうたい)の検索は膠原病の存在の手がかりとなります。
 注腸、大腸内視鏡検査は病気の鑑別、病変の範囲などを知るのに重要なものです。とくに大腸内視鏡検査は、病変部から組織をとって(生検(せいけん))、病理診断ができるので有用です。
 腸結核の好発部位は回腸(かいちょう)、盲腸(もうちょう)、上行結腸(じょうこうけっちょう)で、輪状または帯状の潰瘍ができるのが特徴です。内視鏡での生検で結核菌が証明されれば診断がつきます。
[治療]
 腸結核では、イソニアジド、リファンピシン、エタンブトールまたはストレプトマイシンによる三者併用療法が行なわれます。腸アメーバ症にはメトロニダゾールの内服が有効です。膠原病による腸炎は、原疾患の治療が主体になります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

慢性腸炎の関連キーワード鞭虫症便秘

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android