コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸(け)盤/掛(け)盤 カケバン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懸盤
かけばん

飲食器を載せる台。平安時代には折敷(おしき)を懸けて載せるということで、折敷の下に取り外しのできる4本の脚がまっすぐについていたが、のちに円く曲がり、さらに横木を渡したものになり、盤と脚部がつくりつけとなった。用材には浅香(せんこう)や沈香(じんこう)、紫檀(したん)を使用し、螺鈿(らでん)で加飾した。
 近世になると、台面に朱漆、縁足台などに黒漆を塗り、草花、花鳥、家紋などの蒔絵(まきえ)が施された美術工芸品が出現している。その代表的な遺例として、高台(こうだい)寺(京都)の蒔絵調度類(国の重要文化財)のうちの松菊桐蒔絵懸盤と芦辺(あしべ)桐蒔絵懸盤があげられるが、これらは豊臣(とよとみ)秀吉夫妻の使用と伝えられる。[郷家忠臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

懸(け)盤/掛(け)盤の関連キーワード懸盤(掛盤)高台寺蒔絵格狭間和家具

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android