コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦辺 あしべ

2件 の用語解説(芦辺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芦辺
あしべ

長崎県壱岐東部を占める旧町域。 1955年田河町と那賀村が合体して芦辺町が発足。 1956年箱崎村を編入。 2004年石田町,勝本町,郷ノ浦町の3町と合体して壱岐市となった。古代の遺跡に富み,弥生時代の遺跡である原の辻遺跡 (国の特別史跡) は著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦辺
あしべ

長崎県北部、壱岐(いき)郡にあった旧町名(芦辺町(ちょう))。現在は壱岐市芦辺町地区。旧芦辺町は1955年(昭和30)田河(たがわ)町(1947年町制)と那賀(なか)村が合併して成立。1956年箱崎村を編入。2004年(平成16)郷ノ浦(ごうのうら)町、勝本(かつもと)町、石田町と合併、市制施行して壱岐市となる。旧芦辺町は、壱岐島東岸に位置する。中心集落は芦辺で、付近に九州電力の発電所がある。対岸の瀬戸(せと)は漁業集落で、芦辺港から博多(はかた)、対馬(つしま)の厳原(いづはら)港にフェリーが通じる。南部は壱岐最大の平野、深江田原で、米作が盛んであるが、区域の大半は低平な溶岩台地で畑作を主とし、ボーリングによる採水を利用したミカン園がある。1976年(昭和51)梅ノ木ダムが完成、野菜団地の形成が進んだ。谷江(たにえ)川の河畔には元寇(げんこう)千人塚や、少弐資時(しょうにすけとき)を祀(まつ)る壱岐神社があり、海岸部の田河地区は八幡(やはた)半島の景勝地で、棚江原(たなえばる)のトンボロ(陸繋砂州(りくけいさす))や左京鼻(さきょうばな)の海食崖(がい)がある。西部の国分地区には鬼ノ窟(おにのいわや)古墳(国指定史跡)や国分寺の遺跡、北部の箱崎地区には男岳(おんだけ)、女岳(めんだけ)の臼状(きゅうじょう)火山があり、赤瀬(あかせ)鼻の海食崖下にはブリの定置網が敷かれている。原の辻(はるのつじ)遺跡(国指定特別史跡)、壱岐の古社住吉神社、男岳神社石猿群、はらほげ地蔵も有名である。安国寺にある高麗版大般若経(こうらいばんだいはんにゃきょう)は国指定重要文化財である。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦辺の関連キーワード壱岐味を占める雲仙地歩を占める生月[町]宇久[町]江田島[町]長崎県長崎市伊王島町長崎県壱岐市勝本町布気触長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芦辺の関連情報