コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成熟土 せいじゅくどmature soil

岩石学辞典の解説

成熟土

十分風化した土壌で,土壌層位の系列をもつ地域で土壌風化の過程が行われたもの.簡単には,A層は溶脱層位,B層は集積層位,C層は母材または基盤,の三種の主な層位がある[Dokuchaev : 1899, Jenny : 1941].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成熟土
せいじゅくど
mature soil

地表における風化(正しくは土壌化)生成物である土壌は、その場所の気候や植生の影響下に母材から変化したものである。母材は初期に変化を受け始めてから長年月を経て、一定の垂直断面形態を備えた成熟土に達すると考えられる。変化のプロセスは、断面形態にみられる層位分化の進み方で、どの段階にあるか判断される。母材中の可溶性成分が溶脱し、一部の成分が集積して、ABCの層位が出現すると、その後気候変化や地殻変動がない限りその特徴的な断面形態は保たれるとみなされ、各地の気候と植生に由来する土壌型が認定された。ポドゾル、褐色森林土、赤黄色土、ラトソル、チェルノゼムなど成帯性土壌(気候型土壌)の数種は、成熟土として特有の断面形態をもつ土壌である。母材の性質がきわめて特殊な土壌、たとえば石灰岩地方のレンジナやテラロッサは成帯性土壌には含まれないが間帯性土壌としてそれぞれ成熟土となりうる。
 成熟土が成熟に達する時間についてはいくつかの推論が出されているが、実証ができない。北ヨーロッパのポドゾルの場合、数千年で安定し成熟した断面形に達すると論じられた例がある。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

成熟土の関連キーワード火山灰土壌土壌侵食リソソル非帯土壌土壌断面未熟土

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android