コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田線 なりたせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成田線
なりたせん

千葉県北部を通る鉄道。 JR東日本。全長 108.3km。佐倉を起点として成田で東西に分岐し,西へ延びる線は我孫子常磐線,東へ延びる線は佐原を経て松岸で総武本線と連絡する。佐倉-佐原間は成田鉄道として発足したのち 1920年に国有化され,87年4月民営化。佐倉-成田間 13.1km,成田-我孫子間 32.9km,成田-松岸間 62.3km。全線電化。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

成田線【なりたせん】

総武本線佐倉〜成田〜松岸間,成田〜成田空港間および成田〜我孫子(あびこ)間のJR線。営業キロ119.1km。ほぼ利根川下流に並行して走る。成田鉄道により1897年佐倉〜成田間,1898年成田〜佐原間,1901年成田〜我孫子間全通,1920年国有化,1933年佐原〜松岸間全通。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なりたせん【成田線】

総武本線佐倉駅から常磐線我孫子(あびこ)駅まで46.0km,途中駅成田から総武本線松岸駅まで62.3kmおよび成田線分岐点から成田空港まで8.7km(成田空港高速鉄道に属するものを第2種鉄道事業として営業)の計117.0kmのJR東日本の営業線。成田山新勝寺参詣の旅客の輸送と,利根川下流の河港佐原に集まる物資を東京,千葉へ運ぶことを目的として成田鉄道会社が建設したもので,成田~佐倉間が1897年1月に,佐原までは翌年2月に開業した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成田線
なりたせん

東日本旅客鉄道の線路名称。千葉県、佐倉―成田―松岸間75.4キロメートルおよび成田―我孫子(あびこ)間32.9キロメートル、成田―成田空港間10.8キロメートルよりなる。このうち成田線分岐点―成田空港間8.7キロメートルは他社の施設を借りて事業を行う第2種開業線であり、成田空港高速鉄道の線路を使用している。佐倉―成田間13.1キロメートルのみ複線、全線直流電化。利根(とね)川南岸地域を走り、沿線に成田、佐原などの都市があって、成田山新勝寺(しんしょうじ)への参詣(さんけい)客輸送を担う。また、佐倉―成田間と我孫子―成田間では東京大都市圏の外縁地帯として住宅化が著しく、通勤輸送の比重が高い。1991年(平成3)3月の成田空港乗り入れ後は、首都圏と成田国際空港を結ぶ空港アクセス鉄道としての役割も大きい。佐倉―成田―佐原間は1897~1898年(明治30~31)、我孫子―成田間は1901年(明治34)、いずれも成田鉄道によって開業し、1920年(大正9)国有化されて成田線となった。佐原―松岸間は1932~1933年に開業した。佐倉と松岸から総武本線に乗り入れて、それぞれ千葉方面や銚子(ちょうし)へ列車の直通運転が行われ、我孫子―成田間では区間運転とともに常磐(じょうばん)線を経由して上野からの直通列車も走る。しかし、1926年(大正15)以降、京成電気軌道(現、京成電鉄)が東京―成田間を直結すると、成田参詣客の主流は成田線からは離れた。とはいえ、全国の成田講の団体輸送などに成田線の役割は大きく、1968年(昭和43)の新勝寺開基1300年祭にあわせた新本堂の落成とこれに伴う参詣客の増加に対処して、佐倉―成田間が電化され、さらに1973年に我孫子―成田間、翌年に成田―松岸間も電化された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

成田線の関連キーワード龍角寺古墳群千葉県印旛郡酒々井町成田ニュータウン下総(しもふさ)龍角寺境内ノ塔跡東日本旅客鉄道上野東京ライン山田(千葉県)我孫子(市)千葉県佐倉市千葉県香取市伊能忠敬旧宅酒々井(町)我孫子[市]酒々井[町]小見川[町]神崎[町]印西[市]阿玉台貝塚潮来[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成田線の関連情報