コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸数割(り) コスウワリ

デジタル大辞泉の解説

こすう‐わり【戸数割(り)】

独立の生計を営む者に賦課した地方税。昭和15年(1940)に廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こすうわり【戸数割】

1878年から1940年までつづいた日本独特の地方税。戸数割の原型とみられるものとしては江戸時代から門割(かどわり),小間割,間口割と呼ばれる家屋税に近いものもあり,人頭税に類するもの(沖縄ほか)もあった。明治に入り,1878年7月の地方税規則により,それまでの府県税(1875年雑税・賦金を整理)および民費を,地租割,営業税・雑種税,戸数割の3種と定めたことによって,三新法体制下の地方税として登場した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の戸数割(り)の言及

【住民税】より

…しかし,地域住民が地方公共団体のサービスの費用を負担分任するという地方税の精神を地方税に表すためには,それだけでは十分でなく,やはり人税を一部必要とするし,また所得税は近代税制の基本として税収入額が大きいので,地方団体としても所得税を必要とするということから,住民税が存在している。 明治の初め以来,戸数割と名づけられた所得税が地方税ことに市町村税の中枢をなしていたが,1940年の税制改正に際し物税本位とする建前からと,その負担があまりにも不均衡であった点から廃止され,ただ負担分任の精神を表現しうる税目を地方税に残しておくという趣旨から,きわめて低額のむしろ人頭割的な市町村民税が設けられた。その後,地方財源の窮乏とともに本税を単なる精神的な税とせず,収入をも目的とするようになり,また道府県にも道府県民税をつくり,これに伸縮性をもたせるようになった。…

※「戸数割(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone