コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三新法 サンシンポウ

百科事典マイペディアの解説

三新法【さんしんぽう】

明治政府による最初の統一的地方制度で,郡区町村編制法・府県会規則・地方税規則の総称。1878年の第2回地方官会議元老院の審議を経て施行された。それまでの大区・小区制を廃し,町村の自治体的性格を認め,府県会を設置し豪農・豪商層の把握(はあく)を策し,従前の府県税,民費をそれぞれ地方税,協議費に分割して地方税財源を明確化する等,府県の行政能力強化を目的とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんしんぽう【三新法】

1878年公布された明治政府最初の統一的地方制度で,郡区町村編制法,府県会規則,地方税規則の三つからなる。徴兵・教育・地租改正などに反対する農民騒擾(そうじよう),国会開設を求める自由民権運動めばえという物情騒然たる状況に対処するねらいで,大区・小区制の官僚支配への転換をもたらすために発布された。地方自治の必要を主張していた木戸孝允の影響をうけた大久保利通意見書〈地方之体制等改正之儀上申〉が法案の端緒となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんしんぽう【三新法】

1878年(明治11)公布された郡区町村編制法・府県会規則・地方税規則の総称。明治政府最初の統一的地方制度。大区・小区制を廃して、郡・町村を行政単位として認め、戸長公選・町村会設置を決め、府県会の開設を認めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三新法
さんしんぽう

明治政府が制定した最初の統一的地方制度で、1878年(明治11)7月22日に布告された地方制度に関する三つの新しい法、すなわち(1)郡区町村編制法、(2)府県会規則、(3)地方税規則の総称。それまでの大区・小区制があまりにも中央集権的、官治的なために多くの紛擾(ふんじょう)を生じて行き詰まったことと、各地に生まれてきた地方民会のあり方を統一、規制し、豪農商層に限定的参政権(自治権)を与えて自由民権運動の興隆を抑止することがねらいであった。同年3月の大久保利通(としみち)内務卿(きょう)の上申書に基本構想が提示され、4~5月の地方官会議での審議などを経て布告された。(1)では大区・小区制下で否定されていた郡・町村を行政区画として復活し、町村を自治団体として戸長公選制を公認した。(2)では地租5円以上、10円以上納入者をそれぞれ選挙権・被選挙権者とする公選制府県会設置を認めたが、府県会の権限はきわめて弱かった。(3)では従来の府県税、民費などを地方税に統一、制限し、府県財政の確立を図った。三新法は80年4月の区町村会法とともに地方制度の一体系をなしたが、84年5月の連合戸長役場制、戸長官選制、区町村会に対する戸長権限の拡大などの大改正を経て、88年市制・町村制および90年府県制・郡制の施行により廃止された。[山中永之佑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三新法の関連キーワード市制・町村制地方財政地方民会自由民権府県制戸数割民会

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android