享有(読み)きょうゆう

精選版 日本国語大辞典「享有」の解説

きょう‐ゆう キャウイウ【享有】

〘名〙 ((う)けて所有する意) 権利、能力、才能など無形のものを、生まれながらに持っていること。
※修辞及華文(1879)〈菊池大麓訳〉説服「何ぞ同く天理を享有して生るる者の特権を滅却するの酷なるや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「享有」の解説

きょう‐ゆう〔キヤウイウ〕【享有】

[名](スル)権利・能力などを、人が生まれながら身につけて持っていること。「基本的人権の享有」「人間は自由と責任とを享有している」
[類語]持つ持ち合わせる有する擁する領する占める所持保有現有領有具有私有民有公有国有官有共有占有専有所有所蔵収蔵私蔵秘蔵愛蔵死蔵退蔵珍蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「享有」の解説

【享有】きようゆう

うける。

字通「享」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android