手稲(読み)ていね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

札幌市西区と手稲区にまたがる地区。1967年(昭和42)札幌市と合併。1880年(明治13)函館(はこだて)本線軽川(がるかわ)(現、手稲)駅の設置で開発が始まり、酪農と金鉱山で知られたが、第二次世界大戦後は札幌市の郊村的性格をもち、札幌市との合併後は住宅地と工場の立地が進行した。小樽(おたる)市に近く、石狩湾に近い沖積平野は住宅団地が建設され、1972年冬季オリンピックの会場となった手稲山麓(さんろく)にはスキー場やゴルフ場などが立地する。

[奈良部理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

札幌市の行政区の一つ。平成元年(一九八九)西区から分離成立。小樽市に隣接し、市西部、新川以南から手稲山北麓に及ぶ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手稲の関連情報