才能・材能(読み)さいのう

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐のう【才能・材能】

〘名〙 生まれつきの能力。また、その働きのすぐれていること。才幹。
※続日本紀‐天応元年(781)一一月壬申「諸才能之士、賜糸各十絢
※徒然草(1331頃)三八「才能は煩悩の増長せるなり」 〔史記‐秦始皇本紀賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる