(読み)カド

デジタル大辞泉の解説

かど【才】

《「角(かど)」と同語源》
才気。才能。気のきくこと。
「容貌(かたち)をかしう、心ばせ―ありて、みな優れたりける」〈・夕霧〉
見どころ。風趣。
「―ある巌(いはほ)石を立て並べて」〈栄花駒競べの行幸〉

さい【才】

[名]
《古くは「ざい」とも》
㋐生まれつきもっている知能の働き。才能。才知。才気。「におぼれる」「に走る」
㋑学問。学。才識。ざえ。
尺貫法の容積の単位勺(しゃく)の10分の1。約1.8ミリリットル。
木材の体積の単位。1寸(約3.03センチ)角で、建具・家具用材では長さ6尺(約1.8メートル)、建築用材では長さ12尺(約3.6メートル)の体積を1才とする。
石材や船の積み荷の体積の単位。1才は1立方尺(約0.0278立方メートル)。
じゅうたんなど織物の大きさを表す単位。1才は1平方フイート(約92平方センチ)。
[接尾]助数詞。「歳」に当てて、年齢を数えるのに用いる。「四、五

さい【才】[漢字項目]

[音]サイ(漢) ザイ(呉)
学習漢字]2年
持ち前の能力。「才覚才人才知才能異才英才鬼才秀才商才多才天才非才文才凡才
[名のり]かた・たえ・とし・もち

ざえ【才】

学問。教養。特に、漢学。
「弁も、いと―かしこき博士にて」〈・桐壺〉
芸能・技芸・音楽などの才能。
「琴(きん)弾かせ給ふ事なむ、一の―にて」〈絵合
才(ざえ)の男(おのこ)」の略。
「―ども声よろしからむなど選びて物せられよ」〈宇津保嵯峨院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

才【さい】

(1)尺貫法の体積の単位。1才=1/10勺=1/100合(ごう)=1.804ml。(2)船の積荷や石材の体積の単位。1才=1/10石=1立方尺=0.02783m3。(3)木材の体積の単位。1寸角で2間または1間の長さに相当する材積をいう。1才=1/100尺じめ=120立方寸または1/200尺じめ=60立方寸。
→関連項目材積

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かど【才】

気の利いた点。才能。才気。 「今めかしくかい弾いたる爪音、-なきにはあらねど/源氏 帚木

さい【才】

〔古くは「ざえ」とも〕
[1] ( 名 )
生まれつきもっているすぐれた能力。才能。 「音楽の-がある」 「天賦の-に恵まれる」
知力。知能。頭の働き。 「妻をめとらば-長けて」 「 -におぼれる」
船荷や石材を量る単位。石こくの10分の1。一立方尺(0.0278立方メートル)。
木材の体積を量る単位。一寸角で一間(地方によっては二間)の長さの材積。
容積の単位。勺しやくの10分の1。
( 接尾 )
助数詞。俗に年齢を数える「歳」の代わりに用いられる。歳。 「五-」

ざえ【才】

学問。特に、漢学。学才。ざい。 「この人は日本紀をこそ読み給ふべけれ。まことに-あるべし/紫式部日記」
芸能の技量。 「琴ひかせ給ふ事なむ、一の-にて、次には横笛・琵琶・箏の琴をなむ、次次に習ひ給へる/源氏 絵合
神楽かぐらのとき、音楽などを奏する人の称。才の男おのこ。芸能者。 「幄あげばりうちて、-ども、笛吹き・歌うたひ着き並みぬ/宇津保 菊の宴

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かど【才】

〘名〙
① 才能。才覚。気のきくこと。
※書紀(720)仁賢即位前(図書寮本訓)「幼(わか)くして聰(さと)く穎(すぐ)れ、才(カト)敏くして識(さとり)多し」
※宇津保(970‐999頃)祭の使「しづ心もなくおぼえければ、あるがなかにかどあるわらはして、かく聞えたてまつる」
② おもむき。持ち味。
※栄花(1028‐92頃)駒競の行幸「あやしき草木を掘り植へ、かどある巖石を立て並べて」

さい【才】

[1] 〘名〙
[一] (古くは「ざい」とも)
① 生まれつきもっているすぐれた能力、資質。頭のはたらき。才能。才知。知能。また、そうした能力、資質のそなわった人。
※菅家文草(900頃)三・行春詞「才愚只合嫌傷錦、慮短何為理乱縄
※海道記(1223頃)池田より菊川「才、身に足り、栄、分に余りて、時の花と匂ひしかば」 〔論語‐泰伯〕
② 学問。才識。学。また、それにすぐれている人。とくに、中古ごろは、漢詩、漢文の知識や学力などを意味した。ざえ。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)乙女「事はてて、まかづる博士・さいの人どもを召して、又々、文作らせ給ふ」
[二] ものを数える単位。
① 容積の単位。尺貫法で、「勺」の十分の一。約一・八ミリリットルにあたる。抄(しょう)。〔書言字考節用集(1717)〕
② 和船の積石数をいう。𦨞(かわら)の長さ、肩幅、深さの三寸法を掛け合わせて一〇で割ったもの。この計算を肩廻し、または肩廻し算法といい、江戸中期以後、弁才船の普及とともに広く使われ、なかば公式化していた。大工才。
③ 木材の体積の単位。一寸(約三・〇三センチメートル)角で、長さ一間(約一・八メートル)、すなわち、六〇立方寸のものを「一才」とする。〔地方凡例録(1794)〕
④ 織物の単位。一平方フィート(約九二平方センチメートル)のものを「一才」とする。
[2] 〘接尾〙 俗に、年齢をあらわす「歳」の代わりに使用される。→

ざい【才】

〘名〙 ⇒さい(才)(一)(一)

さいら・く【才】

〘自カ四〙 学才ありげにふるまう。学問があるようにふるまう。
紫式部日記(1010頃か)寛弘七年正月一日「くすりの女官にて、ふやの博士さかしだち、さひらきゐたり」
[補注]一説に、「ひひらく」(べらべらしゃべる意)の誤りとする。

ざえ【才】

〘名〙
① 持って生まれた素質、能力。才能。
※神楽歌(9C後)早歌「〈本〉女子(をみなご)の左衣(サエ)は 〈末〉霜月師走の かい壊(こぼ)ち」
漢詩文を読んだり、作ったりする能力。また、漢籍や仏典に関する学識。転じて、学問、教養。
※蜻蛉(974頃)中「あとにはとひなども、ちりのことをなむあやまたざなるざへよくならへ」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「弁も、いとさえかしこき博士にて」
③ 書、歌、音楽などの芸事についての技術や能力。芸能、芸術、技能の才能があること。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「『仲頼の朝臣、何のざえか侍る』『山伏のざへなん侍る』」
※源氏(1001‐14頃)絵合「琴ひかせ給事なん、一のさえにて」
④ 「ざえ(才)の男」の略。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「ざえども、声よろしからんなど、選びて物せられよ」
[語誌]漢語の「才」の呉音「ザイ」の転じたもの。中古では、①よりも②や③の意味で使われることが多かった。主として、漢語の「学」に相当する、習うことによって身につけた学識や芸術性についていい、漢語の「才」に相当する語は、日本では、「たましい」が用いられた。

みつ【才】

〘名〙 才。才徳。→みつなし(才無)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【石】より

…1平方尺×2間の尺〆(しやくじめ)に代わり,大正以降尺貫法廃止まで使われた。分量単位は才(さい)(=1/10000石)である。(3)積量の単位。…

【材積】より

…なお,一定面積当りの森林の幹材積の合計は林分材積または蓄積とよばれている。 材積の単位は現在の日本ではm3が用いられているが,古くは石(こく)(10立方尺=0.278m3)が広く用いられ,ほかに1尺角,長さ12尺(2間)の角材を尺締(しやくじめ)(または尺〆(しやくじめ)),1寸角,長さ6尺の角材を才(さい)とよぶなどの単位があった。ただし尺締,才の長さは地方によって一定していない。…

※「才」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

才の関連情報