コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合宿 ガッシュク

デジタル大辞泉の解説

がっ‐しゅく【合宿】

[名](スル)
練習・研修など一つの目的のもとに、多くの人が同じ宿舎で生活をともにすること。また、その宿舎。「強化合宿
複数の人が同じ場所に寝泊まりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がっしゅく【合宿】

合宿の意味を少し広げて考えると,若者宿や娘宿の慣習寄宿舎や寮,あるいは塾の伝統なども含まれることになろうが,今日〈合宿〉といえば,訓練,教育,研究など特定の目的を効果的に達成するために,複数の人々が比較的短い一定期間,泊まりこんで起居を共にしながら行う集団的活動を意味する。この意味で合宿は,もともと学生スポーツ界の用語として使われはじめ,明治末から大正期にかけて広く定着していったものと思われる。現在では,オリンピックをはじめとする各種のスポーツ大会のための強化合宿プロ野球キャンプ,大学のゼミ合宿,共同研究合宿,企業や官庁や宗教団体の研修合宿等々,さまざまの領域で合宿という方式が用いられるようになり,合宿の内容や機能も多様化している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がっしゅく【合宿】

( 名 ) スル
多くの人が同じ宿舎で一定期間ともに生活して、共同の練習や研修を行うこと。また、その宿舎。 「大会に備えて-する」 「 -所」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

合宿の関連キーワードインセンティブツアーとコーポレートミーティングツアー八ヶ岳音楽祭 in Yamanashi東京五輪・パラリンピックの事前合宿蔵王坊平アスリートヴィレッジ家族旅行村ビラデスト今津ケーリー ハンフリーズリチャード パンチャス朱鞠内 笹の墓標展示館イリアン ストヤノフトレーニングキャンプドクター・チャンプ道内のスポーツ合宿府中青年の家事件ストックブリッジ日本スケート連盟ナショナルチーム五輪代表の予定世界陸上選手権毎日コムネットcamp in

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合宿の関連情報