コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津農書 アイヅノウショ

デジタル大辞泉の解説

あいづのうしょ〔あひづノウシヨ〕【会津農書】

近世前期の農書陸奥(むつ)国会津郡幕内村(会津若松市肝煎(きもいり)佐瀬与次右衛門著。3巻。貞享元年(1684)成立。会津地方の農業経営について記録したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

会津農書【あいづのうしょ】

江戸時代前期の農書。1684年陸奥(むつ)国会津郡幕内(まくのうち)村の肝煎(きもいり),佐瀬与次右衛門(させよじえもん)著。3巻および付録。上巻稲作,中巻畑作,下巻農業経営を内容とし,同村近傍の農業技術の研究,その慣行と改良を記述したもの。
→関連項目宮崎安貞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいづのうしょ【会津農書】

江戸前期の農書。著者は陸奥国会津郡幕内村肝煎佐瀬与次右衛門。1684年(貞享1)に著された。上・中・下3巻および付録とから成る。会津地方農村の農業経営における基本的な知識,慣行などを整理,叙述したもので,農業指導書として高い価値をもつ。原本は散逸,数種の写本がある。刊本としては,小野武夫校訂本,長谷川吉次編本がある。【丸井 佳寿子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あいづのうしょ【会津農書】

会津の地方じかた農書。三巻。佐瀬与次右衛門著。1684年成立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会津農書
あいづのうしょ

江戸時代の農書。佐瀬与次右衛門(させよじえもん)の著。上中下3巻、およそ6万語に及ぶ。1684年(貞享1)刊行とされる。その当時の会津地方の農業技術、経営、行事などについてまとめたもので、水田作、畑作などについて、きわめて具体的に栽培、土壌、肥料、労力などを叙述している。本編のほかに『会津農書附録』『会津歌農書』があり、前者は、元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)の間(1688~1711)につくられ、老農の体験に基づいて会津地方の農業気象などを記述したものである。全8巻からなるとするが、現在2巻、4巻、6巻、8巻の4巻のみ発見されている。『会津歌農書』は、宝永年間(1704~1711)につくられたもので、本編の内容を上中下3巻、1668首の歌にして、技術普及を目的としたものである。なお本書を抜粋編集した『地方(じかた)歌農書』がある。[福島要一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

会津農書の関連キーワード農書(農業に関する書物)農具扱箸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android