コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抉る/刳る エグル

デジタル大辞泉の解説

えぐ・る〔ゑぐる〕【×抉る/×刳る】

[動ラ五(四)]
刃物などを深く刺し入れ、回して穴をあける。くりぬく。「りんごの芯を―・る」
心に強い衝動や苦痛を与える。「胸を―・られる悲しみ」
物事の隠れた面を鋭く追及する。「事件の核心を―・る」
[可能]えぐれる
[動ラ下二]えぐれる」の文語形

くじ・る【×抉る】

[動ラ五(四)]
棒などで、穴の中をかきまわす。「楊枝(ようじ)で歯を―・る」
えぐって中の物を取り出す。
「眼(まなこ)を―・りて、其眼玉をえぐり出し」〈江見水蔭・女房殺し〉
堅い物を突き刺して穴をあける。うがつ。
「穴を―・り」〈竹取

こじ・る【×抉る】

[動ラ五]《「こじる」(上一)の五段化》
すきまなどに物をさし入れてねじる。「雨戸を―・って開ける」
ひねくれた言い方をしたり、抗議したりする。
「小母につけつけ―・られていたりするところが」〈三重吉・小鳥の巣〉
[補説]近世末ごろから五段化した用例がみられるが、2のような例は、上一段活用とも考えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじる【抉る】

( 動五[四] )
穴に棒などを押し込んでかき回す。 「穴に棒をつっこんで-・る」
えぐって中の物を取りだす。 「眼まなこを-・りて其眼玉をゑぐり/女房殺し 水蔭
穴をうがつ。 「穴を-・り/竹取」

こじる【抉る】

( 動五 )
〔上一段動詞「こじる(抉)」の五段化〕
こじる(上一)」に同じ。 「戸を-・って開ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抉る/刳るの関連キーワードフランツ・クサーファー クレッツ生き馬の目を抜く桐島洋子生き牛用例雨戸補説小母抉り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android