抉る(読み)コジル

デジタル大辞泉「抉る」の解説

こじ・る【×抉る】

[動ラ五]《「こじる」(上一)の五段化》
すきまなどに物をさし入れてねじる。「雨戸を—・って開ける」
ひねくれた言い方をしたり、抗議したりする。
「小母につけつけ—・られていたりするところが」〈三重吉・小鳥の巣〉
[補説]近世末ごろから五段化した用例がみられるが、2のような例は、上一段活用とも考えられる。
[類語]えぐるくりぬくほじくるくるえぐり出すくじるほじるほじくり出すほじくり返す

えぐ・る〔ゑぐる〕【×抉る/×刳る】

[動ラ五(四)]
刃物などを深く刺し入れ、回してをあける。くりぬく。「りんごの芯を—・る」
心に強い衝動や苦痛を与える。「胸を—・られる悲しみ」
物事の隠れた面を鋭く追及する。「事件の核心を—・る」
[可能]えぐれる
[動ラ下二]えぐれる」の文語形。
[類語]くりぬくほじくるくるえぐり出すくじるこじるほじるほじくり出すほじくり返す

くじ・る【×抉る】

[動ラ五(四)]
棒などで、穴の中をかきまわす。「楊枝ようじで歯を—・る」
えぐって中の物を取り出す。
まなこを—・りて、其眼玉をえぐり出し」〈江見水蔭・女房殺し〉
堅い物を突き刺して穴をあける。うがつ。
「穴を—・り」〈竹取
[類語]えぐるくりぬくほじくるくるえぐり出すこじるほじるほじくり出すほじくり返す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android