コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿る ホジクル

デジタル大辞泉の解説

ほじく・る【×穿る】

[動ラ五(四)]
穴を掘るようにつつく。また、つつき回して中の物を出す。ほじる。「耳を―・る」「重箱の隅を―・る」
隠されているわずかなものを、ことさらに追及する。ほじる。「欠点を―・る」
[可能]ほじくれる

ほじ・る【×穿る】

[動ラ五(四)]
つついて穴をあけたり、穴の中からかきだしたりする。ほじくる。「耳を―・る」
細かいことまでとりあげて追及する。ほじくる。
「聞かなくてもいい事を執(しつ)っこく―・って聞くらしい」〈三重吉・小鳥の巣〉
[可能]ほじれる

ほぜ・る【×穿る】

[動ラ四]ほじる1」に同じ。
「田畑にむらがりては、麦を―・り、大根をつつき」〈鶉衣・鴉箴〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほじくる【穿る】

( 動五[四] )
盛んにほじる。 「鳥が種を-・る」 「重箱の隅を-・る」
隠されている物事を執拗しつように探る。 「過去の事を-・る」
[可能] ほじくれる

ほじる【穿る】

( 動五[四] )
小さな穴をあける。また、穴をつついたりして、中の物をかき出す。 「耳を-・る」 「鼻くそを-・る」 「刺とげヲ-・ル/ヘボン」
[可能] ほじれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

穿るの関連キーワードヘボン欠点重箱過去

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android