コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振替制度 ふりかえせいどGirosystem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

振替制度
ふりかえせいど
Girosystem

通貨による支払いに代えて振替証書を利用し,銀行預金などの帳簿上の振替によって支払決済を行う制度。この制度では預金の振替は支払人の指図によって直接行われ,ヨーロッパ大陸,特にドイツ,オーストリアで古くから発達した。イギリス,アメリカに発達した小切手制度に比べて,預金の振替は小切手の移動を伴わずより直接的に行うことができる。日本ではこの種の振替制度は存在しないが,類似したものとして普通銀行の当座預金口座間の振替,日本銀行当座勘定による交換尻,内国為替尻の決済のための付替 (つけかえ) ,郵便振替貯金などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

振替制度【ふりかえせいど】

通貨による決済に代わり,取引銀行の預金口座の移転を行い帳簿上のみで債権債務を決済する仕組み。現在日本では普通銀行の預金振替,郵便局の扱う郵便振替,日本銀行の当座勘定交換尻決済の振替がある。
→関連項目振替預金

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

投資信託の用語集の解説

振替制度


受益証券株券等の有価証券の存在を前提として行われてきた株主や受益者等の権利の管理(発生、移転及び消滅)を電子的に行う制度のこと。現在ではペーパーレス化が実現されており、実際の管理は(株)証券保管振替機構や証券会社等の電子的な振替口座簿で行われている。J-REITの投資口やETF受益権は株券等振替制度、その他の投資信託受益権については投資信託振替制度にそれぞれ基づいている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふりかえせいど【振替制度】

現金の授受によらず,預金者の振替を指図する依頼書または小切手によって,銀行が支払指定口座から入金指定口座へ帳簿上の付替を行い決済する制度。この制度を利用したものに口座振替制度があり,公共料金の支払(電気料金,ガス料金,水道料金,電話料金,NHK受信料等),クレジット・カードの支払,税金の納付,授業料の支払など,預金による支払機能の一つとして著しい発達をとげている。この振替制度の歴史は古く,17世紀以降しだいに盛んになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

振替制度の関連キーワード個別保管/混蔵保管証券保管振替制度株式等振替制度保護預かり制度株券不発行制度実質株主名簿保管振替制度失念株式名義書換預金通貨実質株主株主名簿株主権失念株保管預託

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android