コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捩れる/捻れる/拗れる ネジレル

デジタル大辞泉の解説

ねじ・れる〔ねぢれる〕【×捩れる/捻れる/×拗れる】

[動ラ下一][文]ねぢ・る[ラ下二]
細長いものが、くねり曲がる。ねじられた状態になる。「コードが―・れる」
気持ちが素直でなくなる。ひねくれる。素直なやり取りができない状態になる。「性根が―・れている」「あの一言を機に上司との関係が―・れてしまう」
本来の関係からずれた状態にある。うまく対応せず、ちぐはぐな関係になる。「党本部と県支部が―・れたまま選挙戦に突入」
[補説]「腹がねじれるほどおかしい」などという表現を見かけるが、「腹の皮が捩(よじ)れる」からの誤用か。

もじ・れる〔もぢれる〕【×捩れる】

[動ラ下一][文]もぢ・る[ラ下二]ねじれる。よじれる。
「十二筋の縄縦横に―・れてさばきむつかしき事を」〈三冊子・黒双紙〉

よじ・れる〔よぢれる〕【×捩れる】

[動ラ下一][文]よぢ・る[ラ下二]ねじってまげたような状態になる。ねじれる。「ベルトが―・れる」「腹が―・れるほどおかしい」→腹の皮が捩れる
[補説]「腹がよじれる」は「腹の皮がよじれる」の省略形か。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もじれる【捩れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 もぢ・る
〔中世・近世語〕
ねじれる。よじれる。 「十二筋の縄たて横に-・れて/三冊子」

よじれる【捩れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 よぢ・る
ねじれ曲がる。ねじれる。 「帯が-・れる」 「腹の皮が-・れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捩れる/捻れる/拗れるの関連キーワード近世語ねじれ状態関係性根

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android