コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捻る/拈る/撚る ヒネル

デジタル大辞泉の解説

ひね・る【捻る/×拈る/×撚る】

[動ラ五(四)]
指先でつまんで回す。「スイッチを―・る」「コックを―・る」
からだの一部をねじって向きを変える。「腰を―・る」「足首を―・って痛める」
ねじって回したり、締めたりして殺す。「鶏(とり)を―・る」
つねる。「ほっぺを―・る」
いろいろと悩みながら考えをめぐらす。「対策に頭を―・る」
わざと変わった趣向や考案をする。「―・った問題を出す」
苦心して俳句や歌などを作る。「一句―・る」
簡単に負かす。かたづける。「相手投手に軽く―・られる」
金銭を紙に包む。「心付けを―・って渡す」
捩(ねじ)る[用法]
[可能]ひねれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

捻る/拈る/撚るの関連キーワード首・頸・頚・領・襟ワッシュアウトおもな慣用句心付けコック捻文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android