コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能う アタウ

3件 の用語解説(能うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あた・う〔あたふ〕【能う】

[動ワ五(ハ四)]《もと必ず打消しを伴い、活用語連体形に「こと」や助詞」を付けて「…にあたわず」「…ことあたわず」の形で多く用いられたが、明治以後は肯定の言い方もみられる》
可能の意を表す。なしうる。できる。「行くこと―・わず」「味については議論するに―・わず」
「危きに臨めば平常なし―・わざる所のものを為し―・う」〈漱石吾輩は猫である
理にかなう。納得がいく。
「―・はぬことなり。はや出だし奉れ」〈竹取
適する。相当する。
「此れ汝が着る物に―・はず」〈今昔・二三・一八〉
[補説]1の肯定の言い方は、欧米語の可能の助動詞の翻訳として広まった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あたう【能う】

( 動五[四] )
ある動作をすることができる。
(特定の動詞を受けないで)できる。なしうる。 「 - ・う限りの援助をする」 「神に-・わざるはなし」
(動詞を受けて)その動作をすることができる。接続のしかたは、「…することあたわず」「…するあたわず」「…するにあたわず」「…しあたわず」の四通りがあった。 「看過すること-・わず」 「感嘆措く-・わず(=感嘆セズニハイラレナイ)」 「平常なし-・はざる所のものを為し-・ふ/吾輩は猫である 漱石」 「大きに楽しむに-・はず/方丈記」
それに適合する。ふさわしい。 「十徳なからん人は判者に-・はず/十訓 1」 「人はただわが身に-・はぬ事を願ふ事なかれ/仮名草子・伊曽保物語」
合点がゆく。 「翁は泣き歎く、-・はぬ事なり/竹取」 〔古くは打ち消しの形でだけ使われたが、明治以後は肯定の形でも使われ、「あたわ」「あたう」の両形が見られる。「あたう」は「アトー」と発音されることが多い〕

あとう【能う】

( 動五[四] )
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能うの関連キーワード敢えて如何とも必ずしも断じててんで拭う間違う嘘にも打消し取合う

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能うの関連情報