コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能う アタウ

デジタル大辞泉の解説

あた・う〔あたふ〕【能う】

[動ワ五(ハ四)]《もと必ず打消しを伴い、活用語連体形に「こと」や助詞」を付けて「…にあわず」「…ことあたわず」の形で多く用いられたが、明治以後は肯定の言い方もみられる》
可能の意を表す。なしうる。できる。「行くこと―・わず」「味については議論するに―・わず」
「危きに臨めば平常なし―・わざる所のものを為し―・う」〈漱石吾輩は猫である
理にかなう。納得がいく。
「―・はぬことなり。はや出だし奉れ」〈竹取
適する。相当する。
「此れ汝が着る物に―・はず」〈今昔・二三・一八〉
[補説]1の肯定の言い方は、欧米語の可助動詞の翻訳として広まった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あたう【能う】

( 動五[四] )
ある動作をすることができる。
(特定の動詞を受けないで)できる。なしうる。 「 - ・う限りの援助をする」 「神に-・わざるはなし」
(動詞を受けて)その動作をすることができる。接続のしかたは、「…することあたわず」「…するあたわず」「…するにあたわず」「…しあたわず」の四通りがあった。 「看過すること-・わず」 「感嘆措く-・わず(=感嘆セズニハイラレナイ)」 「平常なし-・はざる所のものを為し-・ふ/吾輩は猫である 漱石」 「大きに楽しむに-・はず/方丈記」
それに適合する。ふさわしい。 「十徳なからん人は判者に-・はず/十訓 1」 「人はただわが身に-・はぬ事を願ふ事なかれ/仮名草子・伊曽保物語」
合点がゆく。 「翁は泣き歎く、-・はぬ事なり/竹取」 〔古くは打ち消しの形でだけ使われたが、明治以後は肯定の形でも使われ、「あたわ」「あたう」の両形が見られる。「あたう」は「アトー」と発音されることが多い〕

あとう【能う】

( 動五[四] )
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

能うの関連キーワード無知の知打消し可能性価・値補説

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能うの関連情報