揉み消す(読み)モミケス

デジタル大辞泉の解説

もみ‐け・す【×揉み消す】

[動サ五(四)]
火のついたものをもんで消す。「タバコの火を―・す」
自分に都合の悪い事件やうわさなどが表沙汰になるのを、手段をつくして抑える。「スキャンダルを―・す」
強大なものが、圧倒するような力で他のものを消し去る。「言葉は周囲の騒音に―・された」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もみけす【揉み消す】

( 動五[四] )
火のついているものを物に押しつけるなどしてもんで消す。 「タバコの火を-・す」
自分に不利な事件やうわさが、世の中に広まったりするのを防ぎ止める。 「収賄事件を-・す」
[可能] もみけせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android